リネンの選び方、つきあい方

Vol.10 黒のプレースマットを折敷に見立てて和風コーディネート

七草粥が過ぎ、鏡開きをし、小正月を迎え、小豆粥やおぜんざいをいただく頃には、お正月気分も徐々にやわらいで、ゆっくり流れていた時間も身体のリズムもそろそろ日常を取り戻さなければとスイッチ・オン。あっさりした、美味しいものをちょっとだけ、というようなおつまみや和風のお献立に、黒の麻のプレースマットを折敷代わりに使えば、くだけすぎず合わせ置く器次第で粋にもモダンにもアレンジが効かせられて重宝します。釉薬を控えたマットなお皿や鉢も意外に映えます。コーディネートの幅を楽しみながら簡単お洒落に広げられる黒麻と仲良くなりましょう。

今回使ったアイテム:ミグラプレースマット 1,680円

ブティックBOQへリンク

文:冨田 いずみ 写真:猪又 直之