パリの香り漂う、アルノワのオーダーメイドシャツ

オンラインでのオーダーメイドというと、オーダー経験がないと手を出しづらいものだが、今回紹介するアルノワ(HARNOIS)のオーダーメイドシャツはパターンオーダーで、各所のサイズ調整ができるようになっている。そのため、既製シャツを選ぶようにオーダーすることができる。価格と品質のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れているのも魅力のひとつだ。
アルノワは日仏でスタイルアドバイザーとして活躍するマティアス・ダルノワ氏(Mathias d'Harnois)がプロデュースし、日本の優秀なファクトリーで縫製した、パリの香り漂うオーダーメイドシャツ。ブランド名のアルノワとは、フランス語で、中世ヨーロッパの“騎士がまとう鎧”のこと。その名のとおり、衿型などの随所にフランス・パリのエスプリを感じさせる洗練されたデザインに仕上がっている。
縫製はマシンメイドで、前身頃と後身頃、山袖と谷袖などの縫い合わせは、シングルニードル縫製を採用している。日本では巻き伏せ本縫いと呼ばれる工程数の多い丁寧な縫い方で、耐久性に優れているのが特長だ。裾の両端には補強布(ガゼット)が付き、ミシンを使ったボタンホールも丁寧な仕上がりになっている。

日本、フランス、イタリアのいいとこどり

そんなアルノワにボックが別注して誕生したのが「アルノワ・フォー・ボック」だ。ボックが考えたのは、従来のフレンチスタイルの良さを残しつつ、あえてイタリアンシャツのディテールを採用することで、現在主流の柔らかなジャケットやスーツにも合わせやすいシャツだ。
衿のデザインは、オン・オフともに使える汎用性の高いボタンダウンカラー(ロイヤルオックスフォード8色)と、ワイドスプレッドカラー(コットンツイル3色)の2型。フィッティングはイタリアの高級シャツブランドで知られるフライに近いイタリアンフィッティングを採用。衿型もイタリアのスタイルを色濃く反映している。

アルノワの魅力を十分に堪能できるのがフルオーダーメイドのシャツだ。フランスらしいシャツデザインと生地のセレクト、国内の優秀なファクトリーが魅力。ショールームで採寸もできるので、初めてのオーダーでも安心です。

お問い合せ:トレジャー・ハンティング・クラブ
東京都港区麻布台1-6-13 バーズアイ麻布台ビル7F
TEL.03-3582-7525 www.harnois.jp

文:倉野 路凡 写真:猪又 直之