圧倒的オリジナリティで世界中を魅了するカザールのサングラス

 近年、小ぶりのサングラスが好まれる傾向が続いたが、その揺り戻しなのか、今季は大ぶりタイプに注目が集まっている。そうしたなか、ドイツ発のラグジュアリーなアイウェアブランド、カザールの人気がますます高まっているのだ。
ブランド名のカザール(CAZAL)は創業者カリ・ツァローニ(Cari Zalloni)氏の名に由来した造語だという。
 1937年、アテネに生を受けたツァローニ氏は名門ウィーン芸術アカデミーで建築を学んだ後、家具や陶器などのデザイナーとして活躍。しかし、次第にアイウェアの魅力に引かれ、1975年にカザールをスタート。同年開催されたカールスルーエのオプティカ展で衝撃的デビューを飾っている。
 バウハウスから影響を受け、建築デザインをベースにした同氏のアイウェアデザインは極めて大胆で冒険的だ。その特徴にはたとえば、極端に幅太のテンプル、そこに施された“抜き”の空間、直線と流線を巧みに織り混ぜた幾何学的装飾、手仕事で施された意外性あるカラーリングなどがあげられ、いずれも他のブランドに多大な影響をもたらしている。しかも、いかなるトレンドにも左右されず、自らのスタイルを堅持。圧倒的オリジナリティでブランドアイデンティティを確固たるものにしてきた。結果、ハリウッドで絶大な人気を博し、また、マイケル・ジャクソンやスティービー・ワンダーをはじめとするブラック系アーティストの御用達になるなど、自己主張の強いアイテムを好むアーティストたちから絶大な支持を得るに至ったのだ。
 とはいえ「派手すぎるのでは?」と気おくれする向きは少なくないだろう。しかし、不思議なことにこのデコラティブなデザインが、意外にも我々日本人の顔にマッチするのである。しかもフレームは旬な大ぶり系ゆえ、いまどきのカジュアルスタイルとも違和感なくマッチするのである。

人気の「カザール 9」シリーズにお薦めの新色&新モデル!

 ところで昨秋投入されて以来、サングラスの人気コレクション「カザール 9」シリーズの新定番となった「979」に、今回、ブラック×ホワイト×ゴールドのシャープな日本限定カラーが追加された。これまた、なんとも大胆に思える色の組み合わせなのだが、真夏の強い日差しの下では、実はこのくらい主張しているカラーリングのほうが断然お洒落に見えるものだ。
 また、同シリーズの新モデルとして「984」もリリースされている。スポーティでハードなイメージの「979」に対し、こちらはよりカジュアルで、顔の表情にソフトな印象を演出してくれる。女性にも男性にもお薦めしたい洒落度の高いモデルである。

問:エイトオプティク TEL.03-3834-6080
http://www.eight-optic.co.jp
カザールの詳しい情報はこちら→

文:山田 純貴 写真:平野 多聞