BOQ > REVIEW

REVIEW

ラグジュアリー&ノスタルジックな大人スニーカー

今回発表されたジェイエムウエストンの新型スニーカー「649」は、従来のドレスタイプのコレクションとは違ったスポーティでクラシックなコート系のスニーカーです。 続きを読む

 

エレガントでスポーティな極上スニーカー

今回は、フィレンツェ在住の靴職人、深谷秀隆氏とトゥモローランドのコラボレーションによるヒデタカ フカヤ ペル トゥモローランドの新作をご紹介しましょう。 続きを読む

 

絶妙カラーレーションの艶スニーカー

カラーレーションが施されたスニーカーといいますと、フランスの某ブランドが有名ですが、今回はブラスクハウスによるハイグレードなスニーカーに注目します。 続きを読む

 

ホーウィンコードバンを採用した個性派タッセルローファー

今回はアメリカ靴の定番スタイルである、タッセルローファーというクラシカルなデザインを、アメトラとは対称的にシャープな印象にまとめた、ルーディック・ライターの新作モデルを紹介します。 続きを読む

 

軽快なコンビスリッポンが大人の足元に色気を添える

パリを拠点にする靴ブランドといえば、エレガントで華があり確固たる個性のあるブランドが揃っています。今回紹介するコーランクール(アレクシー・ラフォン氏が2006年にパリで創業)もそういった靴ブランドのひとつです。 続きを読む

 

配色でモード感を与えたフレンチローファー

このフレンチローファーのあるべき姿をみごとに体現した1足は、定番モデルの新色として追加された白黒のコンビです。通常とは逆の配色にしたことでグッと雰囲気が変わり、モードライクなルックスになっています。 続きを読む

 

蒸し暑い夏こそシープスキンのサンダルがおススメです

シープスキンブーツで有名になったアグ®ですが、サーフカルチャーから生まれたブランドであるため、今回紹介するサンダルも同ブランドが得意とするものなのです。 続きを読む

 

大人の週末に相応しいイントレチャートのスリッポン

今回紹介するのは42ND ロイヤル ハイランドのオリジナルブランド「トランスファー」コレクションの一足。アッパーにイントレチャートを採用したリゾート感漂うスリッポンです。 続きを読む

 

伝統を受け継ぐジョセフ チーニーのシティコレクション

今回はロンドンの金融街であるシティで働く人々から支持を得ている、「シティ」の名を冠したジョセフ チーニーのコレクションを紹介します。 続きを読む

 

靴全体に切れ目がはいった超個性派ホールカット

アッパーには大変珍しい切れ目が入った革を採用。この革はイタリアのタンナー製で、もともと厚い革で靴に不向きであったため、荒井氏が靴用に薄くしたものを別注したそうです。 続きを読む

 

ロンドンのビスポークスタイルを継承する新進シューメーカー

またひとり、若手のシュークリエイターがデビューを果たしました。今回は、先月自身のビスポークシューズの製作を開始したばかりの靴職人、早野唯吾氏の「Bespoke Shoe Works yuigo hayano」を紹介します。 続きを読む

 

上品な素材使いとレトロ顔が足元を品よく演出

‘90年代のハイテクスニーカーブームが一段落したころシンプルなローテクスニーカーが注目され高級レザースニーカーブームへとつながっていきました。そのブームの一翼を担っていたのが今回紹介するルーディック・ライターです。 続きを読む

 

グッドイヤー靴のエントリーモデルとしておススメです

ご紹介するのはロンドンシューメイクの「オックスフォード&ダービー コレクション」の一作であるストレートチップです。特筆すべきは、グッドイヤー製法でありながら、なんと1万円ぽっきり! 続きを読む

 

リゾート感をまとうリラックス&リュクスなコルテの最新作

コルテの新作が写真のカンヌです。コルテの「C」をかたどった金具は、ジュエリーなみに丁寧に磨きこまれており、鮮やかなバーガンディのカーフスエードと相まって、非常にエレガントな1足となっています。 続きを読む

 

足元を品よく見せられるパントフォラ・ドーロの新作

写真は‘15年に初登場した究極のシンプルレザースニーカーの新作モデルで、ミニマルなデザインとの好相も抜群なヌバックを採用した大変品のあるバージョンです。 続きを読む

 

気軽に街履きできるローカット版のモンキーブーツ

一見、スニーカーのようにも見えるこの靴。実はこれ、トリッカーズのモンキーブーツのローカットバージョンなのです。 続きを読む

 

世界を股にかけた異色の経歴をもつ靴職人

日本のビスポーク靴職人は海外で修行した人たちが話題となり海外から日本にキャリアを積みにきた靴職人となると聞いたことがありませんでした。今回紹介するセイジ・マッカーシー氏は日本を目指してきたビスポーク職人です。 続きを読む

 

ひと味違う休日靴をお探しなら、このエシュンがおすすめです

写真のモデル「CATALPA(カタルパ)」は、フレンチカジュアルな雰囲気のあるUチップ。“乗せモカ”と呼ばれるタイプのモカが小ぶりで、トゥにセンターシームが施された品のあるデザインです。 続きを読む

 

アリゲーターを贅沢に使った極上ホールカットスリッポン

写真のスリッポンは、1921年に伊ミラノで創業したアルミニの最新コレクション。同ブランドはフランスの某ラグジュアリーシューズブランドの生産も手掛けており、その実力は折り紙つきです。 続きを読む

 

イタリアのニューカマーが手掛けたクラシコ×プレッピーの融合

写真のサドルシューズですが、これはジェネシオ・コレッティによるコレクション。同ブランドは、イタリア・マルケ地方モンデグラナーロに生産拠点を構えるディ・コレッティを手掛けるベガ社の新ブランドです。 続きを読む

 

日本の実力派ファクトリーが手掛けた超お値打ち靴

写真のモデルは、1957年に奈良県で創業したオリエンタルシューズのオリジナルブランドで、土踏まずより前はグッドイヤー、それより後ろはマッケイという混合製法を採用。 続きを読む

 

アルティジャーノの手仕事を小粋に履きこなす

今回は昨年日本上陸を果たしたファビ(1965年イタリア・マルケ州のモンテグラナーロで創業)の日本上陸モデルから、高い品質を守るアルティジャーノの精神が息づくモデルを紹介します。 続きを読む

 

休日の大人の足元をスポーティかつ品よく演出します

モレスキーの、この新作はドレスシューズの名門が手がけるダブルモンクのレザースニーカーです。アッパーには美しいシボがあるホワイトレザーを採用。トゥキャップの切り替えと踵に配されたブラックのスエードがアクセントになっています。 続きを読む

 

絶妙なカジュアルさと柔らかい履き心地がクセになる一足

今回は今季リリースされたマグナーニのニュー・コレクションの紹介です。同ブランドが得意とする個性的なデザインに、オパンカ、ボロネーゼ、ハンドフィニッシュというマグナーニのお家芸を全部盛りした1足です。 続きを読む

 

足元を品よくセクシーに魅せてくれるブルモンクスリッポン

今回はピッティ・ウオモで鮮烈なデビューを飾り、日本初上陸を果たしたシューズブランド、その名もエデンを紹介します。 続きを読む

 

ジャケットスタイルから週末スタイルまで全方位対応できるカントリーシューズ

質実剛健を絵にかいたような写真のフルブローグ。いかにも英国靴という佇まいではありますが、実はスペイン東部の地中海に浮かぶマヨルカ島を拠点とするカルミナの靴です。 続きを読む

 

足元に清涼感をもたらすウォーブン・レザーのスリッポン

夏の定番素材であるウォーブン・レザーは、通気性がよく高温多湿な日本の夏に適した素材として根強い人気があります。今回紹介するのはア・テストーニが今季展開しているカンガルーレザーを編み上げたウォーブン・レザーのスリッポンです。 続きを読む

 

爽やかカジュアルな夏仕様の本格英国靴

英国靴好きに高い評価を受けるロイド フットウエアですが、今年からGMTが運営を引き継ぐことになり、これまで通りブリトラは堅持しつつ、そこに旬な感覚をプラスした新モデルが登場しました。 続きを読む

 

より都会的に街履きできるバースが登場

今回紹介するパラブーツのバースは、定番のアッパー素材「ヴォイル・レザー」ではなく、ガラスレザーを採用したより街履き向けに開発された今季の新作です。 続きを読む

 

ビスポーク的仕様で好みの色に出来るブロセントのパターンオーダーシューズ

ビスポーク的仕様で好みの色に出来る ブロセントのパターンオーダーシューズ 今回紹介するのは2016年に目黒にオープンした靴のオーダー、修理、メンテナンスの専門店「ブロセント」のパターンオーダーシューズです。ブロセントのデ … 続きを読む

 

ビスポーク職人白樫氏の新作は都会で履くカントリー

白樫徹哉さんは日本で唯ひとりのカントリーブーツ専門のビスポーク職人。本格カントリーブーツ専門の靴職人ですが、街履きできるカントリーブーツが欲しいという要望に応え「都会で履くカントリー」をテーマにした新作が誕生。 続きを読む

 

無骨な工具バッグが元ネタのお洒落バッグ

「カジュアルなバッグは子供っぽくて、とはいえ、遊び心も大事にしたい」という二兎を追う方に応えてくれるのが、リュニフォーム(L’UNIFORM)のバッグです。 続きを読む

 

往年のアメリカンシューズを現代によみがえらせたロイヤル ゴージ ブリッジ

ロイヤルゴージブリッジはアメリカのブランドではなく日本発のブランドです。インポーターのハイブリッジインターナショナル代表の高橋浩氏が自身の集大成として立ち上げたのがロイヤルゴージブリッジです。 続きを読む

 

パーカー歴史的名作にインスパイアされたエレガントな万年筆

パーカーの歴史的名品パーカー75にインスパイアされ誕生したのが今回紹介するパーカー・プリミエ。大きなペン先、バランスのよい太めのフォルム、パーカーのアイコン矢羽クリップが見事に融合したモダンデザインです。 続きを読む

 

普通のノートのようですがデジタルガジェットなんです

スマホやタブレットが普及してもノートにはメモを書き込んだり、デジタルにはない便利さがあるものです。そこで、ご紹介したいのがモンブランから発売された手書き文字や絵をスマートデバイスへ転送できる「オーグメントペーパー」です。 続きを読む

 

豪雨の日の営業でもこの靴なら何とかなります!

雨が多い日本ではビジネスマン向けのレインシューズがもっとあっていいはずですが、実際にはあまり選択肢がないのが現実です。そこで、新たに登場したのが完全防水の都市型全天候対応シューズブランド「ウェザーガーメンツ」です。 続きを読む

 

モスコット トウキョウ2周年を記念してレムトッシュ日本限定カラーサングラス登場

1915年にニューヨークで創業し、100周年の2015年に東京に旗艦店をオープン。その旗艦店オープン2周年記念モデルとして日本限定カラーのサングラスが登場。 続きを読む

 

清々しい色合いが春夏に映えるお洒落スニーカー

ピエール・アルディ氏が手掛ける靴はアートのように美しく独創的。このスニーカーも個性的に見えますが’70年代のバスケットシューズの雰囲気が漂い、それでいてミニマルかつエレガント。 続きを読む

 

日本の靴業界のレジェンド長嶋氏が手掛けるマークブーツ

今回紹介するのはトレーディングポストや三陽山長の創立者であり、靴業界のレジェンドとして知られる長嶋正樹氏が2010年に設立した「マークブーツ」のパターンオーダーシューズです。 続きを読む

 

大人の足元を品よく演出するジェイエムウエストンの新作スニーカー

今回紹介するジェイエムウエストンの新作スニーカーは、要望が多かったラバーソールを採用したモデルです。ラバーソールの高いグリップ力を備え、さらにスポーティになりました。 続きを読む

 

ミリタリーゴーグルにインスパイアされたクラシックにして斬新なサングラス

今回紹介するハプターは2013年デビューの新進ブランドながらデビュー前にデザイン界のオスカー賞とも称される“iFデザイン賞”を獲得した期待のアイウェアブランドです。 続きを読む

 

イタリア発のコンフォート靴アストールフレックス

北イタリアのマントヴァで1816年に創業したアストールフレックスは、なによりも歩行性を重視した靴づくりを行っており、エコフレンドリーであることにもこだわっています。 続きを読む

 

ラコタハウス大阪店3周年記念オールデンのペニーローファー

この3月4日でラコタハウス大阪店が3周年を迎える。それを記念して別注モデルが発売されることになった。数あるモデルの中から選ばれたのは、ハンドステッチを施したオールデンのペニーローファー2足だ。 続きを読む

 

コントラストカラーの日本限定シティ ゴンミーニ

今回紹介するトッズの2017年日本限定シティ ゴンミーニの最大の特徴は、鮮やかな発色のアッパーに、コントラストカラーのアウトソールを採用した点でしょう。 続きを読む

 

実用的でドレッシーなレッド・ウィングのキャバリー・チャッカ

今回はレッド・ウィング創業時のフォルムやデザインを現在によみがえらせたキャバリー・チャッカを紹介します。 続きを読む

 

個性的なヴィンテージフレームをお探しであれば レスカ・ルネティエがお薦めです

下半分だけレンズがついたこのメガネ。目線を上げれば裸眼で見えるリーディンググラスなのです。普段メガネをしない方でも、ミドルエイジ以上になると近いところが見えにくくなるもの。そういった方むけに考案されたのがこのメガネという訳です。 続きを読む

 

時計好きの琴線を揺さぶるトゥールビヨン・ペン

今回ご紹介するのは、「トゥールビヨン・ペン」なるボールペンです。天冠部分にトゥールビヨンキャリッジ風の機械が内蔵されており、良く見れば歯車も動く様になっています。いかにもスイス製らしい精緻さが感じられる仕上がりです。 続きを読む

 

大人が持つべきシャルル エ シャリュスの休日バッグ

大人が持つにふさわしいショルダーバッグは選択肢が少ないものです。多くは若者向けで、それ以上の世代がお洒落に持てるものとなると、これはもう稀です。そこでお薦めしたいのが、シャルル エ シャリュスのショルダーバッグなのです。 続きを読む

 

カリ・ツァローニ氏の美学を堪能できるカザールの新作

カザールは‘80年代の人気モデルを復刻した「カザール レジェンズ」を毎年発表してきましたが、新たに投入されたのが今回紹介する「カザール001」。これは生前カリ・ツァローニ氏がデザインした未発表の新作モデルなのです。
続きを読む

 

スマホで手荷物チェックインができるリモワのスーツケース

使い方は空港に到着する前に、搭乗する航空会社のアプリから搭乗手続きをオンラインで行います。その後、航空会社から発券されるラゲージタグ情報をスマホで受信し、スーツケース側面のディスプレイに表示されるという仕組みです。 続きを読む

 

風格と汎用性を兼備したモンブランの新色モデル

今回は「マイスターシュテュック セレクション スフマートコレクション」の新色ダークパープルのブリーフケースのご紹介です。レオナルド・ダ・ヴィンチによって創始したとされる 絵画技法『スフマート』を応用したこのブリーフケースは、 続きを読む

 

日本初上陸ながら大物感漂うファビ

日本未上陸のマルケ最後の大物といわれる靴ブランドで、今秋より満を持して日本上陸を果たしたファビ(FABI)をご紹介します。 続きを読む

 

40年の時を経て復活したジェームス・グロース

古着通には知られていたジェームス・グロースが本格的に復活しました。ご存じなかった方も、現物を手にとって見れば、伝説の存在と言われる意味がお分かりになると思います。 続きを読む

 

130周年記念コレクションに見るチーニーの確かな進化

今回紹介する靴は、ジョセフ チーニーの創業130周年を記念したアニバーサリーコレクションで、日本ではプレーントゥ、セミブローグ、フルブローグの3型を展開。 続きを読む

 

言葉はわるいが強欲は善、と言ったのは...

このストレートチップは、アッパーにスムースとスエードのバイカラーを採用したコルテの新作モデル。コルテといえば、カラーレーションと繊細なプロポーションが特徴ですが、この新作もそういった特徴を兼ね備えてたモデルです。しかし 続きを読む

 

身だしなみを整えるのが楽しみになるネイルケアセット

今回ご紹介するのは英国王室御用達のトゥルフィット&ヒルのネイルケアキット。トゥルフィット&ヒルは1805年、ロンドンのメイフェア地区でフランシス・トゥルフィット氏により、理髪店として創業。 続きを読む

 

イタリア靴の名門が作った美しきカモフラシューズ

ア・テストーニが展開している今季モデルに、なんとも個性的な1足を見つけました。それが写真のカモフラージュ柄ダービーです。ソールはボリュームのあるタンクソールでなかなか大胆ですが、品よくまとまってクラス感ある表情に仕上がっています。 続きを読む

 

カミーユ・フォルネが手掛ける本格グローブ

カミーユ・フォルネ が手掛ける本格グローブ そろそろグローブの購入を検討されている方も多いかと思います。グローブは防寒だけでなく、コートの胸ポケットにチーフ代わりに挿したりと、着こなしのアクセントになるアイテムです。そこ … 続きを読む

 

スニーカーのパフォーマンスを宿したコール ハーンのフルブローグ

今回ご紹介するするのは、伝統的なドレスシューズと、今日の技術が融合したゼログランドのウイングオックスフォードです。ソールはランニングシューズのようですが、アッパーはフルブローグ。しかも、素材はツイーディーなウール素材です。 続きを読む

 

アール・デコが華やぎと質実を添えるダンヒルのアクセサリー

英国紳士のダンディズム。そんな形容にふさわしいのがダンヒルではないでしょうか。今回ご紹介する新作もクラシックでありながらモダンであり、そして何よりアール・デコの特徴であるシャープな水平線と垂直線による幾何学的表現が男心をくすぐるアイテムです。 続きを読む

 

クロコ柄とヌバック+ハイテク装備、トゥミの持ち味を堪能できるブリーフケース

1980~90年代に実用的なバリスティックナイロン製バッグが世界中で大ヒットしたトゥミから、素材使いが個性的なブリーフケースの新作をご紹介。高性能はそのままに、ワイルドであり品の良さもあわせもつハイコントラストなコンビネーションが魅力です。 続きを読む

 

アルティザンの伝統技法が光る鮮やかなブリーフケース

今回ご紹介するのは10 月より東京、パリ、ロンドン、ニューヨークの直営店で販売を開始する新作のブリーフケースです。使用している革は、繊維密度が高く、滑らかできめ細かい最高品質のグレインカーフ。ジャン・ルソーの素材へのこだわりが見てとれる実に美しいブリーフケースです。 続きを読む

 

今だけ手に入るコール ハーンの純米国製 ローファー

今回紹介するコール ハーンのピンチローファーは、現行のローファーとは違い、アメリカン・ローファーの聖地である米メイン州の工場で、伝統的なハンドソーンにより製作された限定コレクションです。 続きを読む

 

タンカー+サドルのオールデンレアモデル

今回ご紹介するオールデンは、人気モデルのひとつ、タンカーブーツのオックスフォード版といった佇まいです。スキンステッチによるモカ縫いまではタンカーブーツと同じですが 続きを読む

 

中央ヨーロッパ靴の真打登場です

写真のモデルを見てみますと、フラットな甲とサイドウォールの境にモカ縫い部分が重なっているため、非常にシャープな印象です。まさに、Uチップに最適なラストと言えるでしょう。 続きを読む

 

意匠、素材でラグジュアリーを高めたボタンブーツの進化形

写真のボタンブーツを見てみますと、まず目を引くのが、アッパーのシープスエードとパテントレザーの鮮やかなコンビネーションです。輝く美しい黒のパテントレザーとスエードのハイコントラストな色彩美はとても印象的です。パンツの裾から見える姿は、パテントレザーのオペラパンプスのようです。 続きを読む

 

オールデン好き必携専用ソックス

オールデン専用という言葉に、冷静さを失ってしまうほどオールデンを愛する皆さんに朗報です。今回紹介するのは、オールデンに関する知識と愛情の深さでは人後に落ちない、オールデン輸入総代理店のラコタが作ったオールデン専用のソックスです。 続きを読む

 

パリのアトリエが作ったシンプルで美しいカードケース

革小物には様々なアイテムがありますが、革製品作りの長い歴史を持つヨーロッパでは、日本では見かけないアイテムも多数あります。今回紹介するのは、アトリエ ルナールのツインセット。1930年、パリに創業したオーダーメイド革製品を中心に手掛ける工房で作られています。 続きを読む

 

NY発、ロバート・マークが手掛けた限定ミラーサングラス

世界に数あるアイウエアショップの中で、名実共にトップクラスの評価を得ているニューヨークのロバート・マーク。極めてシンプル、かつ品格あるデザインで全米のエグゼクティブ達を魅了してきたオリジナルブランドから登場した新作ミラーサングラスを紹介します。 続きを読む

 

英国靴伝統の堅牢さを備えつつ、エレガンスも併せ持つダブルモンクシューズ

今回はJ.A.ラミスからこの秋に登場するダブルモンクシューズをご紹介します。このモデルは、ダブルストラップがトップラインに沿うように配されています。この流れるようなラインが、この靴を一層スマートな印象にしています。 続きを読む

 

軽快さと気品を与えた夏仕様の本格派ブーツ

今回はスティバレリア・サヴォイア作によるブーツをご紹介します。夏にブーツ?と思ったみなさん。実はこちらのような夏仕様の美しいブーツもあるのです。 続きを読む

 

ゴールド纏いで一際デラックスになったコレクター垂涎のサングラス

カザールのアイウェアは、他社にはない独創的なものであり、その魅力は唯一無比のものと言えますが、この限定カザール607 デラックス エディションは、何がデラックスかと言いますと、テンプルとフロント裏側にはなんと金箔が! 続きを読む

 

ユニークなコラボレーションが実現した、遊び心あふれるスニーカー

今回は少し趣向を変えて、モードなスニーカーの紹介です。と言ってもこちらは、国民的人気ヒーロー「ウルトラマン」のアニバーサリーイヤーを盛り上げる、そんなユニークなアイテムです。 続きを読む

 

バリュープライスを実現したパターンオーダーはペルフェットがおすすめ

細部にまでこだわって丁寧に作られたメイド・イン・ジャパンとして人気のペルフェットですが、既成靴だけでなく、パターンオーダーも展開しています。普段展開していない革や、コンビなどでオーダーができ、価格も税別5万5000円からとお値打ち感が高く大変人気なのです。 続きを読む

 

新色「アールグレイ」で表情がリフレッシュしたトゥミの「Alpha 2」コレクション

街中ではトゥミのブリーフケースを手にしているビジネスマンをしばしば見かけますが、今回は、それらのトゥミとは一味違う表情をした、この夏に発表されたばかりの新色をご紹介します。 続きを読む

 

ジェイエムウエストンの独創性が光る、色とコラボレーションした限定ローファー

しなやかでカラフルなローファー「Le Moc’(ル・モック)」の新色限定モデル。ごくシンプルなデザインですが、このモデルは一見するだけで、その素材感とカラーが他に類のないものであることがわかります。 続きを読む

 

軽やかな抜け感と実用性が融合したパラブーツの新定番

酷暑日が続く日本の夏には、サンダルが必需品になりました。今やパラブーツの夏の定番品として人気上昇中の「PACIFIC」です。見た目もサンダルというより普通の靴のようでコーディネートの幅も広く、履き心地も快適です。 続きを読む

 

ヴィンテージ加工の進化形? ラタンツィ氏が穴に埋めた貴重なブーツ

銀座の新進靴店ブラスクハウスで取り扱われ、靴好きたちの間で評判になっているシルバノ・ラタンツィのブーツです。目を引くのはアッパーに施されたアンティーク仕上げ。と言っても、コレは人の手で付けられたムラではありません。 続きを読む

 

見た目も履き心地も軽快。真夏に履きたいフルブローグ

伝統技巧にトレンド感と軽快さを与えたデザインを次々と発表するア・テストーニ。今季発表した「グッドイヤーボロネーゼ製法」で作られたフルブローグも一見するとトラディショナルな印象ですが、靴底にはブルーのマイクロラバーソールが使用されています。 続きを読む

 

休日の足元にさりげない色気を添えるイタリアンモカシン

新たなデザイナーが加わり新鮮なデザインを多く見かけるようになったモレスキーですが、今季展開するドライビングシューズに、なんとも個性的なモデルを見つけました。他とはちょっと違う個性のあるスリッポンをお探しの方におすすめです。 続きを読む

 

品の良い艶気をもたらす、美しきサドルシューズ

今回ご紹介するのはヴァーシュのサドルシューズ。アメリカントラッドに好相性なデザインですが、この靴を見てみますと、基本要素はサドルシューズながら、ボリューム感が抑えられたVフロントのスマートなデザインは、アメトラ的サドルシューズとは別次元の靴に仕上がっています。 続きを読む

 

アメリカ筆記具史の黄金時代を築いたコンクリンが復活

コンクリンは1898年にアメリカで創業。大恐慌の影響で1955年に歴史を閉じます。しかし、半世紀以上の時を経て復活。今回紹介するデュラグラフのオリジナルは、1923年に発売されたブランドを代表するモデルのひとつです。 続きを読む

 

伝統技術と現代カルチャーの融合、エレガンスとパワーを表現したローラーボールペン

エス・テー・デュポンがアメコミの第一人者マーベル・コミックとコラボしたローラーボールペンを発表。フランスのラグジュアリーメゾンとアメコミのコラボというと、相反するもののように感じますが、フランスで漫画は、「9番目の芸術」として高く評価されています。 続きを読む

 

ロールアップして履きたい、レオンフラム×パラブーツの新作バース

フランス・パリの老舗バッグブランドLEON FLAM(レオンフラム)とパラブーツがコラボレートした製品から、新作「LF BARTH」を紹介。デザインの原型になっているのは春夏に欠かせないアイテムとして人気が高い、あの「BARTH(バース)」だ。 続きを読む

 

コードバンのお手入れにはコレ!知る人ぞ知るベネチアンクリーム

コードバンのケアに何が最適なのか、靴好きの間で活発に議論されてきた中に一石を投じたのが、「コードバンのケアに個人的に推奨しているのはベネチアンクリーム。」というアメリカの某有名タンナー社長のコメント。日本では入手困難だったこのベネチアンクリームの国内展開が始まりました。 続きを読む

 

激レア英国製コードバンを使ったジョセフ チーニーの新作

ジョセフ チーニーの新作、ダービー(外羽根式)4モデルの限定コレクションが登場。ブランドの設立年を冠した「ラスト1886」に、アッパーの素材には「ブリティッシュコードバン」を使用した英国靴好きにはまさに垂涎のモデルだ。 続きを読む

 

エレガントな色気を纏う、カルミナ流グッドイヤーシューズ

カルミナというと、時代性を取り込んだ木型やパターンを組み合わせた、トラディショナル靴のイメージがあります。この2モデルは、英国靴のような質実さとは異なる、カルミナらしさが表現された新作です。 続きを読む

 

街履きが似合う色気のあるマウンテンブーツ

ブラックスエードに、ゴールドの金具をアクセントにした都会的なデザイン。こちらは原宿の竹下通りにほど近い路地にある「DERIVE TOKYO」が手掛けたマウンテンブーツです。カスタムオーダーをメインにした自分だけのオリジナルブーツを作るユニークなスタイルのブーツメーカーです。 続きを読む

 

遊び心とテクニックで仕立てたクラシックの定番タッセルスリッポン

今回紹介するのは、落ち着いたラウンドトゥシルエットの木型を採用したモレスキーの新作タッセルスリッポンです。レザーの素材感にあわせてディテールに凝ることで、全く違う表情を持つデザイン性の高いモデルに仕上げられています。 続きを読む

 

スタイルのアクセントになる、見ためにも美しいメガネケース

最高級の時計ベルトを提供し続けるジャン・ルソーが、新たに手掛けたメガネケース「SUBTIL(シュブティル)」。この春より日本でも展開が始まる。メガネを収納するという目的だけではなく、見ためにも美しいラグジュアリーなレザーグッズに昇華させている。 続きを読む

 

“コルテ 先行オーダー会”に登場する最新作「ブライトン・タッセル」と「ツイン」

コルテの最旬靴は、アメリカ靴の定番スタイルであるタッセルスリッポンとコルテ初のダブルモンク。コルテの手にかかればこんなにもモダンで洗練されたものに。いずれの新作も、天才的造形感覚をもつピエール氏の真骨頂が見てとれます。 続きを読む

 

コードバンの魅力を堪能できるクライスの極上バッグ

ここのところ、以前にも増してホーウィン社のコードバンが稀少革となり、同社のコードバンを使った製品のプレミアム度は増すばかりですが、今回は、その中でも別格の存在感を放つバッグを紹介。コードバン好きなら垂涎モノのです。 続きを読む

 

日本伝統色”青藍”を纏ったREGAL Shoe&Co.の限定プレーントゥ

定番プレーントウ「Oblique Plain Toe」に、春先にコーディネイトしやすい、ヌバックのネイビーとベージュ2種類が登場。ネイビーは天然藍染めの旗艦店限定モデル。ヴィンテージデニムのように経年変化も楽しむことができる。 続きを読む

 

素材のラインナップが広がった、今季注目のカルミナ ローファー

ヨーロッパ的な洗練されたフォルム、高級感漂う人気のカルミナ ローファーに、ホーウィン社シェルコードバンのモデルが新登場。アノネイ社製カーフとカーフスエードもラインナップに揃います。 続きを読む

 

靴クリームの名作シリーズが一同に揃う、コロニルのレザーケアセット

靴好きなら間違いなく欲しくなる、美しいブナ材の木箱に納めた豪華なレザーケアセット。アタッシェケースのような外見で、秘密道具が仕込まれた007の携行品のようだ。本格的に靴を磨きたい人におすすめ。 続きを読む

 

スコットランドの職人が作るクラフトマンシップ溢れるトートバッグ

イギリスのレザーバッグの代表的な素材、ブライドルレザーを使ったバッグや革小物を展開しているグレンロイヤルから、「さすがグレンロイヤル!」と微笑んでしまう新作のトートバッグが登場。 続きを読む

 

カジュアルな着こなしをアップデートしてくれるミカエルの新作

シャンボードと並ぶ、パラブーツの定番人気モデル「ミカエル」の新作は、アッパーもソールも靴紐も、白で統一された夏のおしゃれに欠かせない爽やかな一足。軽やかな抜け感を演出できるいまどきの雰囲気にあふれている。 続きを読む

 

ドレイクスの定番、グレナディン織りで仕立てたこだわりネクタイ

シャンタンで独特なシャリ感をもたせた春先にふさわしい新作。裏地のない仕様で生地の端は昔ながらのハンドロールで仕上げ。結んだときのシルエットを美しく見せるフレアテイルなどこだわり満載。 続きを読む

 

グッドイヤー製法を極めた新進工房の極上靴

今回紹介する「JOE WORKS(ジョーワークス)は、新進ながら高いクオリティで話題になっている靴ファクトリーです。実際に靴を手に取れば、なるほど、と納得させられた大変魅力的な靴でありました。 続きを読む

 

ビスポークのセンスと品格を表現したモンクストラップ

ガジアーノ&ガーリングの靴は、ビスポークの要素を既製靴に持ち込んだ初めてのブランド。今季入荷したモンクストラップシューズもフラットに立ち上がったサイドウォールやタイトに絞り込まれたトップホールなど、ビスポークと見紛う作りながら実は既成靴! 続きを読む