BOQ > 連載 > Hot Picks
1106_bass

野山でガッツリ履けるバスのレンジャーモック

バス(1876年、米メイン州で創業)といえば、世界で最初期に誕生したローファー「ウィージャンズ」がブランドの“顔的存在”として知られていますが、今回は同ブランドではめずらしいレンジャーモックを紹介します。 続きを読む

1031_paraboot

コーディネートに悩まず天候も選ばない優れもの

エールフランスのパイロットが制服着用時に履いていた靴をルーツに持つパラブーツの「アルル」は、シンプルゆえにあらゆるスーツに合わせられ、しかもカジュアルにも対応可能。さらに雨天でも頼れるという一足です。 続きを読む

1030_santoni

イタリアの名門が作るラウンド靴は旬スタイルに好相性

サントーニと聞けば、捨て寸の長いシャープなフォルムを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、このクラシックなラウンドトゥの新木型「ヴェガス」を採用した写真のモデルは、これまでとは少々趣が異なるようです。 続きを読む

1028_churchs_1

ドレスシューズの要素をマウンテンシューズに搭載

写真の靴は英国の名門チャーチ(1873年トーマス・チャーチ氏により英ノーザンプトンで創業)のプレーントゥダービーで、モデル名は「チェスター」。なんとマウンテンシューズにカテゴライズされる風格たっぷりの1足です。 続きを読む

1025_gaziano-and-girling

紳士の足元を小粋に飾る極上のドレスシューズ

写真のモデルはガジアーノ&ガーリングの最上級ラインDECOコレクションのCOOPERにパティーヌを施したトレーディングポスト35周年モデル。自己主張しすぎない控えめさは英国靴らしいといえるでしょう。 続きを読む

191024_jmweston

トラッドとモダンが融合した極上ダブルモンク

ジェイエムウエストンの新作ダブルモンクは、スマートな木型ですが、控えめな膨らみをもったエッグトゥにくわえ、全体に丸みが強調されているためかシャープに見えすぎず、そのバランスがなかなか絶妙です。 続きを読む

191023_colehaan_1

様々な要素が一体となり優れた履き心地を生み出すドレスシューズ

写真の靴を見てみますと、ドレスシューズとスポーツシューズの要素が一体となったモデルであることがお分かりいただけるでしょう。ドレスシューズにカテゴライズされる1足ですが、スポーツシューズのエッセンスをいたるところに発見できます。 続きを読む

1021_corthay

足元を品よく格上げしてくれる鮮烈カラーのサイドゴア

写真のブーツはコルテの新作サイドゴアブーツです。サイドゴアブーツは1960年代にビートルズやストーンズが着用し流行。ロックなイメージもありますが、コルテの手にかかればこんなにもモダンで洗練されたものに。 続きを読む

1018_edward-green_01

エドワード グリーンの「チェルシー」貴方好みはどのラスト?

エドワード グリーンの「チェルシー」にはラスト違いが3種あるのですが、シンプルなデザインゆえ、それぞれ全く異なる表情をみせています。今回は「チェルシー」に採用されている3ラストを検証してみましょう。 続きを読む

1017_crockett-and-jones

クロケット140周年記念のラスト140採用の先行発売キャップトゥ

クロケット&ジョーンズは今年創業140周年という節目の年に当たり、創業を記念して作られたのがラスト140です。写真のキャップトゥは、その140を採用したトレーディングポスト35周年記念の先行発売モデルです。 続きを読む

1016_magnanni

スエードのアンティーク仕上げが新鮮な華麗靴

プレーンな表情のキャップトゥオックスフォードですが、スエードにハンドフィニッシュによるアンティーク調の色付けが施され、切り替えや陰影をより強調して見せているため、靴全体は非常に洗練された印象になっています。 続きを読む

1015_paraboot

過酷な環境に耐えるスペックを持つ本格派ブーツ

今回紹介するパラブーツの定番ブーツ「ベルジュラック」は、フランスワインの銘醸地ベルジュラック地方のワイナリーで働く労働者向けのワークブーツがベースになっています。 続きを読む

 

onlineshop