BOQ > 連載 > Hot Picks
0824_bally_1

山系とは一線を画すバリーのマウンテンブーツ

写真はバリーの新作マウンテンブーツ「チャンピオンズ(CHAMPIONS)」です。昨今トレンドのロックテイストにも違和感なく合うようアレンジされ、履き心地はあくまで軽快。スニーカー感覚で街履きすることができます。 続きを読む

0822_churchs_1

チャーチが手掛けたゴルフシューズ風ソールのアメリカンフルブローグ

英国靴の代表格であるチャーチでも今季新作でロングウイングチップを発表。伝統的な英国カントリーシューズのフォルムにロングウイングチップを組み合わせ、アッパーにはブラッシュドカーフを採用した風格あるデザインです。 続きを読む

0821_john-lobb_1

革の有効利用から生まれたジョン ロブのお値打ち靴

ジョン ロブの「ニュークラシック ライン」は、貴重な革を最大限活用するために誕生したものです。既存ラインは大きなパーツで構成されているため、余った革は使い道がありませんでした。そこで考案されたのがニュークラシックというわけです。 続きを読む

0818_paraboot_1

カントリーブーツをベースにしたパラブーツのドレス顔ブーツ

カントリーブーツをベースにしつつも、細身でボリューム感を抑えたドレス用の木型を採用したことで、カントリーブーツのような無骨さはなく、品のよさと洗練を加えたスタイリッシュなモデルに仕上がっています。 続きを読む

0729_tods_1

イタリアの大物2社コラボのドライビングシューズ

クルマ好きには、ことに興味深い靴ではないでしょうか? このトッズとフェラーリのダブルネームのドライビングシューズにはフェラーリの跳ね馬が刺繍されています。スーパーカー世代にとってはなんとも魅力的なコラボ靴です。 続きを読む

0724_kanpekina_1

完璧な靴作りを志す実力派シューズブランド

KANPEKINAという聞き慣れない名前の靴ブランド。実はこれ、ペルフェットの海外向けのプランド名。このネーミングはイタリアで開催されるピッティ・ウォモに出展した際のある一言がきっかけになったそうです。 続きを読む

0720_pinandgreen_1

アメリカントラッドの伝統を継承する精緻な国産靴

写真はピン&グリーンの最新作。控えめに膨らみのある、いわゆるエッグトゥのボリュームあるフォルムは、よく見るとインサイドにひねりの入ったアメリカンシューズ伝統の内振りスタイルであることが見てとれます。 続きを読む

0719_clematis_1

ビスポークシューズブランドが手掛けたマシンメイド

高野圭太郎氏が展開するビスポークシューブランド、クレマチスについては以前ご紹介しましたが、今回は同ブランドが展開するマシンメイドの既成靴を取り上げます。 続きを読む

0714_alden_1

オールデンから汎用性抜群なレア色ペニーローファー

今回はオールデンが今夏に発売した新作ペニーローファーを紹介します。基本デザインは定番のコードバン製と同じで木型も同じく「バンラスト」。 続きを読む

0713_otsuka_1

大塚製靴145年の歴史と最新技術が融合した実用靴

従来のグットイヤ―靴は、しばらく履きこまなければ足に馴染みませんでした。しかし、本品は始めからかかと部分が足裏にそった形のコルク材を採用しているため、履いた瞬間から包み込まれるような格別なフィット感が得られます。 続きを読む

0712_corthay_1

コルテ初のスニーカーコレクション

創業年の1990年から名付けられたスニーカーコレクション「’90」には、履き口にコルテ-アルカの特徴である2アイレットの外羽根があしらわれています。 続きを読む

0711_rendo_1

気後れなく履ける実用Uチップ

今回紹介するのは浅草にアトリエ兼ショップを構えるレンドのUチップです。レンドを主宰する吉見鉄平氏は、浅草のシューズメーカー出身で、履き心地を一番に考慮した靴型の意図をそこなわない洗練されたデザインが特徴です。 続きを読む

 

onlineshop