BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive
191024_jmweston

トラッドとモダンが融合した極上ダブルモンク

ジェイエムウエストンの新作ダブルモンクは、スマートな木型ですが、控えめな膨らみをもったエッグトゥにくわえ、全体に丸みが強調されているためかシャープに見えすぎず、そのバランスがなかなか絶妙です。 続きを読む

191023_colehaan_1

様々な要素が一体となり優れた履き心地を生み出すドレスシューズ

写真の靴を見てみますと、ドレスシューズとスポーツシューズの要素が一体となったモデルであることがお分かりいただけるでしょう。ドレスシューズにカテゴライズされる1足ですが、スポーツシューズのエッセンスをいたるところに発見できます。 続きを読む

1021_corthay

足元を品よく格上げしてくれる鮮烈カラーのサイドゴア

写真のブーツはコルテの新作サイドゴアブーツです。サイドゴアブーツは1960年代にビートルズやストーンズが着用し流行。ロックなイメージもありますが、コルテの手にかかればこんなにもモダンで洗練されたものに。 続きを読む

1018_edward-green_01

エドワード グリーンの「チェルシー」貴方好みはどのラスト?

エドワード グリーンの「チェルシー」にはラスト違いが3種あるのですが、シンプルなデザインゆえ、それぞれ全く異なる表情をみせています。今回は「チェルシー」に採用されている3ラストを検証してみましょう。 続きを読む

1017_crockett-and-jones

クロケット140周年記念のラスト140採用の先行発売キャップトゥ

クロケット&ジョーンズは今年創業140周年という節目の年に当たり、創業を記念して作られたのがラスト140です。写真のキャップトゥは、その140を採用したトレーディングポスト35周年記念の先行発売モデルです。 続きを読む

1016_magnanni

スエードのアンティーク仕上げが新鮮な華麗靴

プレーンな表情のキャップトゥオックスフォードですが、スエードにハンドフィニッシュによるアンティーク調の色付けが施され、切り替えや陰影をより強調して見せているため、靴全体は非常に洗練された印象になっています。 続きを読む

1015_paraboot

過酷な環境に耐えるスペックを持つ本格派ブーツ

今回紹介するパラブーツの定番ブーツ「ベルジュラック」は、フランスワインの銘醸地ベルジュラック地方のワイナリーで働く労働者向けのワークブーツがベースになっています。 続きを読む

191011_asakusakacho

守備範囲が広くスタイリッシュなうえに3万円台 靴界のスリーツールに注目を

写真は浅草靴誂の新作ブーツです。その特徴はといいますと、控えめに膨らみのあるラウンドトゥの木型で、クラシックな雰囲気ながらスマートで若々しいイメージも感じられます。アウトソールにはビブラム社製のラバーソールを採用。 続きを読む

191010_cheaney

絶妙な塩梅が今風のビジネススタイルにフィットします

今回はノーザンプトンの名門ジョセフ チーニーが手掛けたUチップの新作「FORESTER Ⅱ」を取り上げてみました。これまでのラストと比べて全体に細身で、ヒールカップを小ぶりにし、日本人の足によりフィットしやすくなっています。 続きを読む

1009_trickers

ハンドソーンの極上な履き心地を体感できるバートン

今回紹介するトリッカーズのバートンは、一見、レギュラーモデルと変わりませんが、実はビスポーク部門に制作を依頼したハンドソーンウェルテッド製法によるバートンなのです。 続きを読む

191007_bass_01

見た目はそのままで進化したバスのウィージャンズ

1936年に発売されたバス社の「ウィージャンズ」が今シーズン、マイナーチェンジが行われました。一見すると「変わっていない?」ように見えますが、変わったのはソールの中身で、外見はほとんど変わっていません。 続きを読む

1004_atestoni

モダン&スタイリッシュなイタリアンダブルモンク

写真のモデルはご覧のとおり、オーセンティックなダブルモンクですが、よく見ると、アデレード(竪琴)形の内羽根キャップトゥの上に、ストラップをかぶせるという、ちょっと手の込んだ仕様になっています。 続きを読む

 

onlineshop