BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive
1 / 4712345...102030...最後 »
0624_joseph-cheaney

名門チーニーが手掛けたサマーシューズの新定番

今回紹介するのは英国靴の名門チーニーが手掛けたグルカサンダルです。チャーチ創業家がチーニーを買い取って以降、英国の伝統的な雰囲気を濃厚に漂わす靴を発表してきました。このグルカサンダルもその一環といえるでしょう。 続きを読む

0606_hunter_1

夏フェスにお薦めハンターのチェルシーブーツ

今回紹介するのは夏フェスの必須アイテムとして推奨するハンターのブーツです。『フェスティバル チェルシーブーツ』と名付けられたこのブーツは、銀座フラッグシップストアオープン2周年を記念したハンター銀座店限定のコレクション。 続きを読む

bass_0529_1

傑作ローファーのオイルドレザー&素仕上げコバ仕様

バスのウィージャンズが発売されたのは1936年のこと。永遠のマスターピースにして、ミドルエイジ以上にとっては憧れでもあったアメトラ靴の代表格です。今回はウィージャンズのラーソンのご紹介です。 続きを読む

0525_ludwig-reiter_1

語れるウンチクと抜群の機能性を誇るルーディック・ライターのシンプルスニーカー

1996年にヘルムート ラングがコレクションにルーディック・ライターのスニーカーを使用したことで一躍注目され大ヒットしたこのスニーカーは、当時を知る人にはこれは本当に懐かしく強い印象をおもちのことと思います。 続きを読む

0423_alden

ホワイトバックスとブリックソールが春夏に爽やかにマッチ

今回紹介するのはホワイトカーフスエードを採用したオールデンの今季の新作。注目はアウトソールに採用されたスーパーライトソールです。日本代理店ラコタによれば、実はレンガ色は日本初登場カラーだということです。 続きを読む

0322_caulaincourt

小粋で春らしいフレンチローファー

一見、フレンチスタイルのベーシックなローファーですが、アッパーに採用されている柔らかで艶やか、それでいてカジュアルな趣を併せ持つ質感ネイビーの革と、相まって、フランスの粋を感じさせるローファーに仕上がっています。 続きを読む

0213_royal-gorge-bridge_1

往年のアメリカ靴を彷彿させる極上スリッポン

今回紹介するロイヤル ゴージ ブリッジのテーマは「’70年代のサンフランシスコ」で、当時の欧州高級ブランドの流れを汲むニュートラッドなファッションに触発されたスタイルだそうです。 続きを読む

0115_amb_1

Ambのスニーカーライクな白靴なら汎用性大

写真のモデルはミニマムなスニーカーが“顔”的存在となっているAmbでは珍しい外羽根のプレーントゥです。踵に配されたネオプレン素材のクッション材によりスニーカーのような軽快な履き心地。ラバーソールも非常にソフトで軽量です。 続きを読む

0111_santoni

ダブルモンク+キルトのリラックスシューズ

今回紹介するのはサントーニの大ヒットモデルである「カルロス」の今春リリースされる新作です。ダブルモンクであるのはそのままですが、ユニークなのは甲の飾りでしょう。ダブルモンクのみならずキルトフリンジがあるのです。 続きを読む

1228_tods_1

ヴィンテージ風デニムを採用したゴンミーニ

今回ご紹介のスリッポンは、2018年2月に発売される「ゴンミーニ ダブルT」にカテゴライズされるニューモデルで、その最大の特徴はアッパーにデニム素材を採用している点でしょう。 続きを読む

1213_paraboot

「アヴォリアーズ」のショートタイプ「クリュサ」が新登場

今回はパラブーツの傑作マウンテンブーツ「アヴォリアーズ」のショートタイプである新作の「クリュサ」のご紹介です。聞けば、マウンテンブーツは定番靴として安定した人気とのこと。ただし、本格的な山行タイプではなくタウン向けが主流のようです。 続きを読む

1207_misawa_1

ポインテッド気味のトウシェイプが新鮮な三澤氏の新モデル

クロコとのコンビのこのストレートチップ。エレガントなポインテッド気味のトウシェイプが大きな特徴です。昨今ぽってりしたシェイプを見慣れた目で見ると、こうしたフォルムがとても新鮮に映ります。 続きを読む

1 / 4712345...102030...最後 »
 

onlineshop