BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive
1 / 5212345...102030...最後 »
1206_miyagikogyo

日本生まれでノルウェー育ちの逆輸入靴

欧米の靴好きにとって日本の靴は、現地では入手困難ということもあり垂涎の的なのだそうです。今回はヨーロッパの一流靴に親しむ欧米の靴通さえ満足させる実力を備えた日本の靴の海外モデルを紹介します。 続きを読む

190021_samuel-hubbard

実用的で高機能なニューカマーブランド

今回は靴業界のレジェンドが仕掛けた新ブランド「サミュエル・ハバード」の紹介です。ドレスダウンが進むビジネススタイルの足元にマッチし、休日の装いにも好相性。さらに、雨天にも強い万能プレイヤーです。 続きを読む

1122_berluti_1

アンディの新作は非対称な流線が醸し出すエレガントな逸品

エレガントなローファーの先駆であるベルルッティの名靴「アンディ」に、モカ(甲にある通常はU字型の革の切り替え)の形が左右非対称になった「アンディ アシメトリック」が新登場しました。 続きを読む

briga_shoetree_boot_tp

愛好家待望のアメリカンワークブーツ専用シューツリー

このシューツリーは単に履きジワを伸ばすだけではありません。テンションをかけ過ぎない絶妙な力加減が、エイジングしたワークブーツの表情をキープしてくれる、ワークブーツ愛好家の心理を十分理解したシューツリーなのです。 続きを読む

1113_sanyoyamacho

街からアウトドアまでシーンを選ばない万能靴

写真の靴は三陽山長がデザイナーに竹ヶ原敏之介氏を迎え、新たに立ち上げた新レーベル「EX-LINE(エックスライン)」の1作「モホーク」です。今回はレギュラーラインとは一味違う新コレクションに注目してみましょう。 続きを読む

1108_carmina

ドレス靴メーカーが作った極上エンジニアブーツ

アメリカンワークシューズの1カテゴリーである武骨なデザインが特徴のエンジニアブーツを、スペインのドレスシューズメーカー「カルミナ」で製作した、トレーディングポスト創業35周年記念モデルのご紹介です。 続きを読む

1106_bass

野山でガッツリ履けるバスのレンジャーモック

バス(1876年、米メイン州で創業)といえば、世界で最初期に誕生したローファー「ウィージャンズ」がブランドの“顔的存在”として知られていますが、今回は同ブランドではめずらしいレンジャーモックを紹介します。 続きを読む

1031_paraboot

コーディネートに悩まず天候も選ばない優れもの

エールフランスのパイロットが制服着用時に履いていた靴をルーツに持つパラブーツの「アルル」は、シンプルゆえにあらゆるスーツに合わせられ、しかもカジュアルにも対応可能。さらに雨天でも頼れるという一足です。 続きを読む

1030_santoni

イタリアの名門が作るラウンド靴は旬スタイルに好相性

サントーニと聞けば、捨て寸の長いシャープなフォルムを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、このクラシックなラウンドトゥの新木型「ヴェガス」を採用した写真のモデルは、これまでとは少々趣が異なるようです。 続きを読む

1028_churchs_1

ドレスシューズの要素をマウンテンシューズに搭載

写真の靴は英国の名門チャーチ(1873年トーマス・チャーチ氏により英ノーザンプトンで創業)のプレーントゥダービーで、モデル名は「チェスター」。なんとマウンテンシューズにカテゴライズされる風格たっぷりの1足です。 続きを読む

1025_gaziano-and-girling

紳士の足元を小粋に飾る極上のドレスシューズ

写真のモデルはガジアーノ&ガーリングの最上級ラインDECOコレクションのCOOPERにパティーヌを施したトレーディングポスト35周年モデル。自己主張しすぎない控えめさは英国靴らしいといえるでしょう。 続きを読む

191024_jmweston

トラッドとモダンが融合した極上ダブルモンク

ジェイエムウエストンの新作ダブルモンクは、スマートな木型ですが、控えめな膨らみをもったエッグトゥにくわえ、全体に丸みが強調されているためかシャープに見えすぎず、そのバランスがなかなか絶妙です。 続きを読む

1 / 5212345...102030...最後 »
 

onlineshop