BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive
1 / 4612345...102030...最後 »
0213_royal-gorge-bridge_1

往年のアメリカ靴を彷彿させる極上スリッポン

今回紹介するロイヤル ゴージ ブリッジのテーマは「’70年代のサンフランシスコ」で、当時の欧州高級ブランドの流れを汲むニュートラッドなファッションに触発されたスタイルだそうです。 続きを読む

0115_amb_1

Ambのスニーカーライクな白靴なら汎用性大

写真のモデルはミニマムなスニーカーが“顔”的存在となっているAmbでは珍しい外羽根のプレーントゥです。踵に配されたネオプレン素材のクッション材によりスニーカーのような軽快な履き心地。ラバーソールも非常にソフトで軽量です。 続きを読む

0111_santoni

ダブルモンク+キルトのリラックスシューズ

今回紹介するのはサントーニの大ヒットモデルである「カルロス」の今春リリースされる新作です。ダブルモンクであるのはそのままですが、ユニークなのは甲の飾りでしょう。ダブルモンクのみならずキルトフリンジがあるのです。 続きを読む

1228_tods_1

ヴィンテージ風デニムを採用したゴンミーニ

今回ご紹介のスリッポンは、2018年2月に発売される「ゴンミーニ ダブルT」にカテゴライズされるニューモデルで、その最大の特徴はアッパーにデニム素材を採用している点でしょう。 続きを読む

1213_paraboot

「アヴォリアーズ」のショートタイプ「クリュサ」が新登場

今回はパラブーツの傑作マウンテンブーツ「アヴォリアーズ」のショートタイプである新作の「クリュサ」のご紹介です。聞けば、マウンテンブーツは定番靴として安定した人気とのこと。ただし、本格的な山行タイプではなくタウン向けが主流のようです。 続きを読む

1207_misawa_1

ポインテッド気味のトウシェイプが新鮮な三澤氏の新モデル

クロコとのコンビのこのストレートチップ。エレガントなポインテッド気味のトウシェイプが大きな特徴です。昨今ぽってりしたシェイプを見慣れた目で見ると、こうしたフォルムがとても新鮮に映ります。 続きを読む

1117_crockett-and-jones_1

稀少革を再現したプレミアム革を採用したクロケットの新作

今回紹介するクロケット&ジョーンズの新作ブーツのポイントは素材使いにあるでしょう。この革は英ベーカー社が開発した「ロシアングレイン」という革で「ロシアンレインディアカーフ」を再現したものです。 続きを読む

1111_carmina_1

チゼルトゥが新鮮なカルミナのダブルモンクブーツ

今季はモンクストラップブーツが例年以上の豊作です。そこで今回はスペイン靴随一の実力派カルミナの新作ダブルモンクブーツのご紹介です。 続きを読む

1103_ludwig-reiter_1

大人が履けるシックなスニーカーソールのチャッカブーツ

カジュアルでちょっと愛らしい表情が個性的なこのブーツ。マッドガードのチャッカブーツのように見えますが、よく見ればスニーカーソールであることが見てとれます。すこぶる軽快な履き心地のうえ、チノパンやデニムにも好相性です。 続きを読む

1027_corthay

秋冬の着こなしに最適なスエード&ポニーのスリッポン

足元に控えめな華やぎを添える、このコルテの新作スリッポン。シルキーなタッチで上質感あるライトグレーのスエードに、モカ部分には、ホワイトのパイピングを施した白毛に茶の斑が入ったポニーを採用していあます。 続きを読む

1017_tods_1

ムートン使いがエレガントな極上タウンスニーカー

今回紹介するモデルは、ラバー・ぺブルをヒールカウンター部分に取り入れた、その名も「ゴンミーニ スニーカー」です。 続きを読む

1010_lobbs_1

重厚な見た目に反し軽やかなロブスのWモンクブーツ

ロブスといえばブリトラベースのイタリアンスタイルが人気のブランド。作りに比してお手頃である点も靴好きに支持される理由です。今回はそのロブスの新作ダブルモンクブーツの紹介です。 続きを読む

1 / 4612345...102030...最後 »
 

onlineshop