BOQ > 連載 > CLOSEUP > デスク&ホビー
1 / 212
parker_jotter_002

イギリス王室御用達ブランドでありながら 手ごろに楽しめる65年以上の超ロングセラー

せっかく持つなら語れる筆記具を選んでみませんか。何を持つか悩む人もパーカーの「ジョッター」ならしっくりくるはず。ボールペンの機能はもちろん、ファッショナブルなスタイルと手ごろな価格も魅力です。 続きを読む

rossi_02

受け取れば最高の思い出に。繊細で美しいレターセット

自宅で過ごす時間が増えて以前親しんでいたモノや趣味を楽しむ人が増えています。そんな時代には、上質なレターセットを使ってアナログなコミュニケーションを楽しんでみるのも素敵だと思います。 続きを読む

le-klint_01

居心地よい空間の決め手は照明にあり。日本に初登場した北欧デザインの名作照明「モデル105」

居心地の良い雰囲気を楽しむことを、デンマークではヒュッゲな時間と呼びます。日本の折り紙がヒントになった紙のシェードを原点に持つレ・クリントの照明は、日本の家庭にもヒュッゲな時間を作り出してくれるに違いありません。 続きを読む

bangandolufsen_01

インテリア素材を生かしたオブジェのような佇まい。パワフルでポエティックなホームスピーカー

既成概念を見事に変えてくれるスピーカーを次々と発表するバング & オルフセンから、この春新たに登場したBeosound Balance。ツインでなく、ひとつで豊かなサウンドを響かせてくれるオブジェのようなスピーカーです。 続きを読む

millisecond_01

今どきショッピングの必需品 実用性にも優れたおしゃれなメジャー

最近はネットショップで買い物をする人が増えてきたことから、メジャーの需要が増えてきているそうです。いつも身に着けたくなるような、おしゃれで、使いやすいメジャーを欲しいとは思いませんか。 続きを読む

nachtmann_01

良いものこそ普段使いに。異なるカットを施した4つのタンブラー

今では手軽な水筒のようなものまでタンブラーと呼ばれていますが、そもそもは寸胴型のガラスのコップのこと。ドイツのクリスタルガラスメーカー、ナハトマンのタンブラーには、美しいガラスの芸術品と呼びたくなるような逸品が揃っています。 続きを読む

leonardo_02

いつもの手元を上品に 美しくてクラシカルなイタリア万年筆

イタリアらしい洗練されたデザインと確かな品質で注目を集めている新生筆記具ブランド「レオナルド オフィチーナ イタリアーナ」のフラッグシップコレクションに日本限定カラーを含むニューアイテムが登場。 続きを読む

Perpetua_12

リサイクルのイノベーションを生む、イタリアモダンな鉛筆「ペルペトゥア」が日本初上陸

世界中で問題になっている産業廃棄物がお洒落な筆記具となって登場。グラファイトのリサイクルに、明るい未来が見えてきそうな商品の誕生です。 続きを読む

delrey12

高級チョコレートとの出会いで暮らしは変わる。ベルギー王室からも信頼される老舗 デルレイ

五感で味わう高級チョコレートは、美味しさはもとより贅沢な時間を楽しむためのものといえるでしょう。さまざまなシーンに取り入れて、人生に彩を添えてみてはいかがでしょうか。 続きを読む

graf-von-faber-castell_b5

「ペン・オブ・ザ・イヤー2019」に初の日本テーマモデル「サムライ」が登場

ファーバーカステル伯爵コレクション |2019年のテーマは江戸時代初期の剣術家、兵法家、芸術家である宮本武蔵。伯爵の目を通して見た武士としての宮本武蔵を表現した筆記具はブランドのDNAと哲学も体現しています。 続きを読む

03news_pelikan0

ペリカン社初の万年筆発売から90年を記念して Herzstück(ハーツシュティック) 1929が発売に

ボディは高級樹脂とゴールドプレート仕上げの真鍮製パーツで構成され、「モデル100」のデザインを踏襲。ブラックとゴールドのカラーリングは重厚感のある仕上がりです。 続きを読む

26cu_conran01

ザ・コンランショップが提案する 北欧の名作にモダンな印象を与えた限定チェア

秋の夜長は、機能的で美しいチェアにこだわってみてはいかがでしょうか。ザ・コンランショップのエッセンスを加味して登場したハンス J.ウェグナーのデニム仕様の「CH24」とアルヴァ・アアルトの「STOOL 60」の2モデル。また、カール・ハンセン&サンの「サファリチェア」デニムバージョンも注目です。 続きを読む

1 / 212
 

onlineshop