BOQ > 連載 > CLOSEUP
1 / 712345...最後 »
globespecs_01

世界から注目されるアイウェアショップ。待望の3店舗目「グローブスペックス京都店」

およそ100年前に建てられた新風館のリニューアルにふさわしく、1920年代を中心としたアンティーク家具や装飾品、現代的なオブジェやアート作品をちりばめた、こだわりの眼鏡専門店が京都に新オープン。 続きを読む

bangandolufsen_01

インテリア素材を生かしたオブジェのような佇まい。パワフルでポエティックなホームスピーカー

既成概念を見事に変えてくれるスピーカーを次々と発表するバング & オルフセンから、この春新たに登場したBeosound Balance。ツインでなく、ひとつで豊かなサウンドを響かせてくれるオブジェのようなスピーカーです。 続きを読む

max-bill_01

ブラック&ホワイトの明晰なコントラスト、ユンハンスの新しいマックス・ビル

時代を超えて支持される永遠のマスターピース、ユンハンスのマックス・ビルの新作。シンプルさのなかにブランドのアイデンティティが凝縮された腕時計は、ファンションのトレンドのひとつミニマルな上質スタイルに好相性です。 続きを読む

millisecond_01

今どきショッピングの必需品 実用性にも優れたおしゃれなメジャー

最近はネットショップで買い物をする人が増えてきたことから、メジャーの需要が増えてきているそうです。いつも身に着けたくなるような、おしゃれで、使いやすいメジャーを欲しいとは思いませんか。 続きを読む

twemco_0213

ユニークな動きやデザインだけではない。 正確で機能的なアナログとデジタルが融合した時計

トゥエンコはフルオートマチックフリップクロックを作り続ける希少な時計メーカー。パーペチュアルカレンダー機能を持つドイツ製クォーツムーブメントを搭載し、正確に時刻や日付、曜日を表示してくれる優れものなのです。 続きを読む

chronotokyo_01

気軽に楽しむ独立時計師の機械式腕時計 クロノトウキョウ第3弾「クラシック」

クロノトウキョウは機械式腕時計の入門機として、また浅岡さん自身が日常使用する腕時計として作られたもので、第三弾となる今回の作品「クラシック」は2色で、いずれもツートーン仕上げの文字盤が特徴になっています。 続きを読む

nachtmann_01

良いものこそ普段使いに。異なるカットを施した4つのタンブラー

今では手軽な水筒のようなものまでタンブラーと呼ばれていますが、そもそもは寸胴型のガラスのコップのこと。ドイツのクリスタルガラスメーカー、ナハトマンのタンブラーには、美しいガラスの芸術品と呼びたくなるような逸品が揃っています。 続きを読む

leonardo_02

いつもの手元を上品に 美しくてクラシカルなイタリア万年筆

イタリアらしい洗練されたデザインと確かな品質で注目を集めている新生筆記具ブランド「レオナルド オフィチーナ イタリアーナ」のフラッグシップコレクションに日本限定カラーを含むニューアイテムが登場。 続きを読む

zerohalliburton

変わらないスタイルでモダンにアップデート。ゼロハリバートンの最新モデルに注目

ゼロハリバートンを代表するアルミ製ラゲージに、最も優れた強度と優雅なデザインを融合した新モデルが登場。世代を超えて支持され続ける人気ラゲージの選択の幅が広がりました。 続きを読む

burnivet_01

誰にも真似できないオリジナリティを楽しみたいならこのバッグ

ワークスタイルの変化にあわせてバッグには収納力とタフさもポイント。兵庫・豊岡の歴史のなかで培われた職人技術とこだわりのディテールが光るバーニベットから、「どこの?」と必ず聞かれる、素敵なバッグをご紹介。 続きを読む

lip_1

フランスのエスプリが効いた伝説の腕時計が日本限定で復刻

LIPのサービスウォッチは、お客様が時計を修理やオーバーホールに出したときに、その間無償で貸し出したという1964年から1966年に実在した時計。それだけなら他の時計メーカーにもありそうな話ですが、このサービスウォッチは文字盤デザインがすばらしい。 続きを読む

Perpetua_12

リサイクルのイノベーションを生む、イタリアモダンな鉛筆「ペルペトゥア」が日本初上陸

世界中で問題になっている産業廃棄物がお洒落な筆記具となって登場。グラファイトのリサイクルに、明るい未来が見えてきそうな商品の誕生です。 続きを読む

1 / 712345...最後 »
 

onlineshop