BOQ > REVIEW > Shop Around > Archive > トラヤ帽子店

トラヤ帽子店

紳士のスタイルを完成させる戴帽のすすめ

銀座和光から京橋方面に歩いていくと、帽子のディスプレイが目に飛び込んできます。大正6年(1917年)に創業したトラヤ帽子店です。もともと神田神保町のすずらん通りに店を構えていたのですが、昭和5年(1930年)に銀座へ出店。昭和35年(1960年)から現在の二丁目へ移転し、営業を続けているという、まさに老舗中の老舗です。

戦前の銀座ともなれば紳士の頭には必ずといっていいほど帽子があったものです。昔の本によると、当時のトラヤ帽子店は大晦日の夜遅くまで営業していたようです。というのも年始に新しい帽子をかぶって挨拶に行く人が多かったからです。紳士にとって欠かせない大切なアイテムだったのです。

さて、現在のトラヤ帽子店を覗いてみると、細長い店内には帽子が所狭しと積み上げられています。季節によって商品も入れ替えられ、秋冬はフェルト帽、春夏はパナマ帽が並びます。今の季節ならパナマ帽です。勤続30年のベテラン店長の大滝雄二朗さんによると、「イタリアのボルサリーノ、イギリスのクリスティーズ、アメリカのノックス(ライセンス)、トラヤ帽子店のオリジナルなどのパナマ帽が揃っています。最近では20代の若い方でもボルサリーノを買われる方がいます」とのこと。

パナマ帽に使われているは南米エクアドル産ヒピハパと呼ばれる繊維で、これを細く裂いて紐状にしたものを、人の手で編み上げたものです。帽体と呼ばれるこの状態から各帽子メーカーが独自の型に入れて、プレス、糊付け、乾燥を繰り返して、ようやく完成します。

お話をうかがった店長の大滝雄二朗さん。さすが帽子姿が何とも粋だ。

ところ狭しと帽子が並ぶ店内。

2012.06.10 UPDATE

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS