BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > RENDO

RENDO

レンド プレーントウ ダービー

オン、オフどちらも履けるレンドのプレーントウ

ビジネスマンなら一足は持っていたいのがプレーントウだ。RENDO(レンド)のプレーントウ ダービーは、外羽根式にありがちな武骨な雰囲気はなく、カジュアルにもドレッシーにも履くことができるのが魅力だ。ブランドを立ち上げた吉見鉄平さんは国内のシューズメーカー出身というだけのことはあり、パターンや靴作りの経験がレンドには生かされている。このモデルは米軍の古い靴を分析して現代風にアレンジしたもので、羽根の形や角度、全体のバランスが絶妙で、設計された靴型によるホールド感が特長! 製造は浅草の工場で熟練した職人の手によるグッドイヤーウエルテッド製法だ。価格もアンダー4万円とコストパフォーマンスが高い。

2014.02.19 UPDATE

 
  • レンド プレーントウ ダービー 3万8000円(税抜)
  • お問合せ:レンド TEL.03-6802-3825 www.rendo-shoes.jp
  • 文:倉野 路凡
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS