BOQ > 連載 > Shop Around > Archive > ブリフトアッシュ

ブリフトアッシュ

2013年5月18日

ブリフトアッシュ

ライフスタイルに合った嬉しい靴磨きメニュー

Brit H(ブリフトアッシュ)は、南青山の骨董通りをしばらく歩いたところにある、靴好きで知らない人はいないほどの名店です。2007年5月に、靴磨き専門店としてオープンして以来、自分のお気に入りの靴をいつかは磨いてもらいたい、と思わせる魅力がこのお店にはあります。
 
店内に入るとカウンターがあり、その向こう側で、立ったままお客さんの靴を磨いている姿が・・・。初めて来店した人はきっと驚くはず。そう、私も最初はびっくりしました(笑)。これまでの靴磨きのイメージを払拭させてくれたのが、このお店を主宰するシューシャイナーの長谷川裕也さん。彼はこれまで多くのメディアで取り上げられてきたので、ここではお店の紹介に徹しよう。
 
さて、現在の靴磨きのメニューは、以前よりわかりやすくなって、The Brift (紳士靴の場合・・・価格2520円)が中心。このメニューは当日お店に持ち込んで仕上げてもらうというもの。ブーツや2色以上の靴だと+525円というわけ。まるでバーのようなカウンター越しに会話を楽しみながら、自分の靴を目の前で磨いてもらうのは楽しいものです。
 
忙しくて持ち込めない人にはDilivery style(全国宅配サービス)がおすすめ。お客さんの中には5足以上という凄い方もいるそうですが、ほとんどは1~2足らしい。また、以前に比べてイタリアの高級靴は減りつつあるようで、アメリカのオールデンが増えているとか。世の中は、より実用的な靴へシフトしているということ? ちなみに6日以上のお預かりの場合は、1足2100円になるそうです。大量に出す人にはお得感がありますね。
 
個人的におすすめしたいメニューは、コバの削り出し(価格2100円)。靴のソールの側面はけっこう当たりやすいところなので、気をつけないとインクが剥げてしまう。プロにお任せすると、まずは丁寧にヤスリで磨いてくれた後に、合った色で補色。最後にワックスで磨いてくれます。市販のコバインクを塗ることくらいなら自分でも何とかできますが、磨くのは大変。ほんと、これは有り難いメニューです。
 
女性にもおすすめしたいメニューがあります。それはバッグの磨きと色の補色。実際に磨きに出される女性客も増えているとか。ハイヒールやパンプスの磨きは1680円(6日以上で1470円)なので、バッグと合わせてお願いするのもいいですね。
 
その他、出張磨きというメニューが合ったり、いろんなライフスタイルに合ったメニューがあるところも、このお店の魅力です。靴やバッグの傷みが気になったら一度お願いしてみてはどうでしょうか。

 

ブリフトアッシュ
ブリフトアッシュ
ブリフトアッシュ
ブリフトアッシュ
ブリフトアッシュ
ブリフトアッシュ
 
  • Brift H(ブリフトアッシュ)
  • 〒107-0062 東京都港区南青山6-3-11 PAN南青山204
  • TEL.03-3797-0373
  • 営業時間:12:00~21:00 (土日祝は~20:00) 火曜定休
  • 文:倉野 路凡 写真:猪俣 直之
 
 

onlineshop