BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > ピナイダー | 伝統と最先端技術を駆使したリュクスな輝きのスケルトン万年筆

ピナイダー | 伝統と最先端技術を駆使したリュクスな輝きのスケルトン万年筆

2020年9月9日
ピナイダー アバターURデモ

ピナイダー | 伝統と最先端技術を駆使したリュクスな輝きのスケルトン万年筆

万年筆は長く使えば使うほど手になじんでくるもの。有名な作家をはじめ万年筆愛好家のペン先は、その人の書き癖により独特の変形をしているようです。そこまで使い込まないにしても、デザインや素材、機構などは、万年筆を愛用する人の個性を映し出す大切な要素ですね。必ずといっていいほどこだわりを持っている人が少なくありません。
 
イタリアの老舗ステーショナリーブランド、ピナイダー(Pineider)から発売された「アバターURデモ」には、そんな万年筆愛好家や筆記具マニアの心をくすぐる要素が存分に詰め込まれています。ピナイダーは1774年にイタリア・フィレンツェで、ドイツ系移民のフランチェスコ・ピナイダーによりオリジナルのステーショナリーや印刷物の制作を手掛けるショップとして設立された老舗ブランドで、ピナイダーというイタリア語らしからぬ名は創業者に由来しています。手彫りによる家紋の入ったレターセットやカードなどが有名で、ナポレオン・ボナパルトをはじめ、エリザベス・テイラー、ジョルジオ・アルマーニなども愛用者として知られています。
 

ピナイダー アバターURデモ

アバターURシリーズはピナイダーの筆記具コレクションのエントリーモデルですが、衝撃・温度・油分・電気・紫外線などに対して非常に高い耐久性を持つ樹脂、ウルトラレジン=URを使用しています。最新モデルのアバターURデモはスケルトンボディが特徴で、これもまたアバターURシリーズの特徴である、3Dエンジニアリングにより設計された精緻なパーツを、接着剤を一切使わないグルーレス方式で組み立てています。
 
そして透明感を際立たせるためにパーツの内側の研磨に、より一層の手間と時間がかけられているだけでなく、透明感を損なわずに長く美しい状態で使えるように、インク吸入補助ツールである、シュノーケルフィラーが日本限定の特別仕様として付けられています。
またキャップリングには創業時であるフィレンツェの街並みをイメージしたデザインが刻まれているなど、作り手の遊び心が満載の最新鋭テクノロジーと、レトロな見た目のデザインが備わった、愛好家の心をくすぐるモデルといえます。比較的手ごろな価格も魅力。持っているだけでも書く楽しさが増してきそうです。

     
  • ピナイダー アバターURデモ
  • アンバー、スカイブルー、クリア、ワインレッド 4色展開
  • 万年筆 22,000円(税別、ボールペン 18,000円(税別)
  •    
  • www.pineider.jp
  • (2020年9月より、ショッピング機能を持ったサイトにリニューアルオープン)
  •    
  • お問合せ:DKSHジャパン カスタマーサービス TEL.03-5441-4515
  • 文:有澤 隆

    
 

onlineshop