BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > 30年ぶりに復刻されたエドワード グリーンのロチェスター

30年ぶりに復刻されたエドワード グリーンのロチェスター

2020年4月10日
EDWARD GREEN,エドワード グリーン

30年ぶりに復刻されたエドワード グリーンのロチェスター

今回紹介するエドワード グリーンのロチェスターは、1990年代初頭に2年間だけ生産されていたモデルで、約30年ぶりに復刻されたモデルです。今年2020年限定での復刻ですから、これは注目せずにはいられません。
 
そのみごとなクォリティは、採用されているカーフのキメの整った美しい表情から、最上級の素材が使われていることがわかります。また、ラストとパターンが実に秀逸です。エドワード グリーンのスリップオン用ラストには#61や#184のクラシックの定番と、#65、#707、#909などのシャープでよりモダンな新定番が存在しますが、ロチェスターは前者の#184を採用。さほど捨て寸は長くないのですが、全体の印象は非常にスタイリッシュでモダン。これはサドルの切り替えがバックステイに向かって長く伸びているため、視覚的にスマートな印象を与えていることが一因だと思われます。
 
前述したように、この靴は大変緻密な計算のもと、木型とパターンのバランスを巧みに図りながら設計されるようです。聞けば、この靴をデザインしたのは、故ジョン・フルスティック氏だということ。そう聞いて筆者は「なるほど!」と納得できました。同氏は1983年に経営難のエドワード グリーンを買い取り、それまでの古めかしいデザインを洗練させ、英国最高峰の地位へと導いた立役者であり、史上最も完成されたラストと称される傑作ラスト#202を手掛けた人物でもあるからです。
 
エドワード グリーンは、さまざまなスリップオンを展開していますが、控えめな艶気があり、しかし品を失せず、汎用性の高いワンランク上の1足をお探しなら、限定復刻のこの「ロチェスター」は、間違いなくその筆頭であると思います。
 
ところで、新型コロナウイルス感染拡大により、生活の保障がないまま、大規模な行動制約が一方的にだされてしまった現在、買い物を控えるのは当たり前の心理なのですが、不要不急のものこそ、買い支えをお願いしたいと思うのです。日本経済を壊滅させないためには、株の買い支えに100兆円使うよりも、はるかに大義があることではないでしょうか。

 
  • EDWARD GREEN(エドワード グリーン)
  • ロチェスター 178,000円(税別)
  • お問合せ:トレーディングポスト青山本店 TEL.03-5474-8725
 
 

onlineshop