BOQ > 連載 > CLOSEUP > アイウエア > 世界から注目されるアイウェアショップ。待望の3店舗目「グローブスペックス京都店」

世界から注目されるアイウェアショップ。待望の3店舗目「グローブスペックス京都店」

2020年4月2日
グローブスペックス京都店

 

GLOBE SPECSグローブスペックス

世界から注目されるアイウェアショップ
待望の3店舗目「グローブスペックス京都店」

 
メガネが視力矯正用具というのは遠い昔の話。もちろん今でも、視力矯正はメガネの最も重要な役割ですが、そのためだけにメガネを愛用している人はほとんどいないでしょう。ファッションこそ、メガネに求められている一番のファクターといっても言い過ぎではないはずです。GLOBE SPECS(グローブスペックス)に行けば、これ以上ここでメガネ論を展開する必要はないでしょう。
 

グローブスペックス京都店

 

グローブスペックスは、1998年に東京・渋谷で「メガネを楽しくオシャレなアイテムとしても提案していける新しいメガネ専門店」を志してスタートしました。海外での直接買い付けにより数多くの日本初上陸ブランドを導入するとともに、世界各国のメガネの掛け方の文化や、おしゃれな掛けこなしも提案し、開店当初から多くのメディアに取り上げられてきました。視力測定や医師による処方箋に対応しているのはもちろん、海外製メガネのノーズパッドのカスタマイズなども行なっています。
 
それに加えてユニークなのが店舗の作りです。オーナーの岡田哲哉氏自らがニューヨークやポートランド、フィラデルフィア、さらにはパリ、ウィーン、ロンドンなど世界中からヴィンテージ家具や小物などを厳選して店舗を装飾。グローブスペックス独自の世界観を作り上げています。メガネだけでなく、店舗デザインへの審美眼とスタイルも評価され、イタリア・ミラノで毎年開催されている世界最大規模の眼鏡展示会MIDO(ミド)で “世界一の眼鏡店” に選出されています。現在は渋谷店と、代官山店の2店舗を運営していますが、この春に関西初出店となる京都店をオープンすることになりました。

 
 

グローブスペックス京都店

 

グローブスペックス京都店

 

「グローブスペックス京都店」が入るのは、元京都中央電話局としておよそ100年前に建てられた、歴史的で重厚感のある新風館です。話題のエースホテルも入る新風館のリニューアルにふさわしく、世界中からセレクトされた1920年代を中心としたアンティーク家具や装飾品、現代的なオブジェやアート作品をちりばめた全く新しい店を目指しています。オープンを記念して「京都記念モデル」も限定で発売予定です。
 
こだわりのメガネとともに、訪れるだけでもワクワクするような全く新しいタイプの眼鏡専門店を目指す「グローブスペックス京都店」へ。京都を訪れたときの楽しみがまたひとつ増えるかもしれません。

 
 
GLOBE SPECS KYOTO|グローブスペックス京都店
オープン予定日:2020年6月中

 ※新型コロナウイルスの感染拡大により延期中です。
営業時間:11:00 – 20:00(年末年始除く)
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館 1階

 
 

グローブスペックス京都店

アイウェアデザイナーの巨匠、ゲルノット・リンドナー氏によるGERNOT LINDNER のスターリンクシルバーのコレクションから京都店オープンを記念して作られた特別モデルを発売。 「シルバーマット」のモデル2型、各10本を先着順で限定販売。84000円(税別)
 
 

グローブスペックス京都店

躍動感に溢れるペインティングと独特の色彩感覚が魅力のアートワークは、埼玉県出身のコンテンポラリー・アーティストで、2019年春まで米国オレゴン州のポートランドで活躍した実力派アーティスト SHOHEI TAKASAKIによるもの。京都店オープンに向けて描かれた、アイウェアを取り入れた作品。
 
 

グローブスペックス京都店

京都店の入り口と店内に飾られるサインアートは、サインペインターのパイオニアNUTS ART WORKSが手掛けています。1996年に活動をスタートし、数多くの有名店のショップサインや、ブランドのグラフィックを手掛けており、看板の域を超えたアート感あふれる作品は圧巻。
 
 

グローブスペックス京都店

京都店のアンティーク什器や装飾品の数々も世界中で買い付けたもの。世界中から新風館が建てられた1920年代のものを中心に構成されています。アメリカ、パリ、ロンドン、チェコ、北欧、日本など1年以上の期間を費やし、オーナー自らがセレクト。
 
 

グローブスペックス京都店

店内奥の古木を使った迫力あるオブジェは東京・中目黒のChibiによるもの。花や枝、実などの相反する要素を絶妙にミックスさせ、植栽に男性的な大胆さと格好良さを表現。
 
 
 

お問合せ:グローブスペック TEL.03-5459-8326
www.globespecs.co.jp

 

文:有澤 隆

写真:suguru saito
(GERNOT LINDNER特別モデルを除く)

 

 
 

onlineshop