BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > 異素材コンビのトリッカーズカントリーシューズ

異素材コンビのトリッカーズカントリーシューズ

2020年3月19日
Tricker's(トリッカーズ)BOWOOD(ボーウッド)

異素材コンビのトリッカーズカントリーシューズ

風格はあるが上品な印象の写真のカントリーシューズ。この靴の第一の特長は、やはり異素材コンビにあるでしょう。「コンビは気恥ずかしくて」という方であっても、こうした近似色コンビならハードルは低いはずです。
 
さて、写真の靴はトリッカーズの「ボーウッド」の新色。カントリーシューズの代表モデル「バートン」と同じ外羽根のフルブローグですが、クォーター部分がブローギングに沿ったピンキング(ギザギザ)で切り返しになっているためコンビ映えするデザインです。
 
アッパーにはこのデザインをさらに魅力的に見せるMCカーフと、ブリティッシュ・ミラレーン社のワックスコットンを採用。MCカーフはシーシェイドと並ぶ優れた耐久性と上品なツヤが特徴のオイルドレザーです。また、ブリティッシュ・ミラレーン社のワックスコットンは、強靭で復元性に優れた布地で、泥汚れも乾かしてブラシで掃えばOKという優れモノ。ちなみに、ブリティッシュ・ミラレーン社はイングランドの羊毛製造の中心地ハリファックスで1880年に創業したミル(織元)で、バブアーのワックスドジャケット生地の供給元としても知られています。
 
加えて、耐久性のあるアッパー素材に合わせ、コマンドソールを組み合わせて、多少の雨なら気後れせず履くことのできる、実用的な仕様になっている点も注目です。
 
ところで、コンビのドレスシューズは、スペクテーターシューズ、コレスポンデントシューズ、コンボスシューズなどと呼ばれ、1920年代~30年代に上流階級のスポーツ観戦用として大流行。ウィンザー公やフレッド・アステアなどのウェルドレッサーが愛用した靴でもあり、武骨なカントリーシューズもコンビだと何だかエレガントに見えてきます。
 
このように素材、ディテールどこをとっても語れる英国の王道カントリーシューズ。他人と差がつくトリッカーズをお望みなら、ぜひとも押さえておきたい1足であるに違いありません。

 
  • Tricker's(トリッカーズ)
  • BOWOOD(ボーウッド)NASTER+OLIVE  77,000円(税別)
  • お問合せ:トレーディングポスト青山本店 TEL.03-5474-8725
 
 

onlineshop