BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > ゴンミーニに次ぐトッズの次世代モデル「ノーコード X」

ゴンミーニに次ぐトッズの次世代モデル「ノーコード X」

2020年2月21日
トッズ

ゴンミーニに次ぐトッズの次世代モデル「ノーコード X」

トッズ

2018年にスタートしたトッズの「No_Code(ノーコード)」は、現代のコード(規則)を超越するプロダクトを作るプロジェクト。デザイナーにヨーロッパを拠点に活躍するソウル出身の工業デザイナー、ソク・ヨンベ氏を起用し、イタリアのアルティジャーノが手掛ける、ドレスシューズとスニーカーを融合させたハイブリッドなフットウエアなのです。写真はその最新モデルである「ノーコード X」です。
 
アッパーにはニット素材とカーフのコンビネーションを採用。ニット素材は他素材にはない軽量性と、高い伸縮性が生み出すフィット感が特長で、脱ぎ履きがスムーズなのも魅力です。こうした高い機能性に加えて、最高品質のカーフとのコンビが独自のエレガンスを巧みに表現しています。
 
ソールは歴代3モデルに採用されていた丸みのあるソールから、厚みのあるボックスソールに一新。また、アウトソールとヒールカウンター部分を見ると、ドライビングモカシンの傑作「ゴンミーニ」のラバー・ペブル(ゴム突起)付きソールに着想を得たものであることが見てとれます。
 

トッズ

さらに注目すべきは、スニーカーながらつま先が低く抑えられている点です。通常、高い運動性が求められるスニーカーはトゥスプリングを高くし、歩行性を向上させています。ワークやカントリーシューズも同様で、機能性を優先した靴はつま先が反り上がっているのです。対してドレスシューズはつま先が低く抑えられており、特にイタリアのドレスシューズは低く、これがエレガントな見た目につながっているのです。
 
伝統をベースにしつつ、そこに斬新とハイテクを巧みに融合させた、この「ノーコード X」。シーンを選ばず、お洒落に、かつ快適に履くことができる高級カジュアルシューズの代表格といえば、やっぱりトッズだと思うのです。

 
  • TOD’S(トッズ)
  • No_Code X 93,000円(税別)
  • トッズ・ジャパン TEL:0120-102-578
 
 

onlineshop