BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > 紳士の足元を小粋に飾る極上のドレスシューズ

紳士の足元を小粋に飾る極上のドレスシューズ

2019年10月26日
ガジアーノ&ガーリング

紳士の足元を小粋に飾る極上のドレスシューズ

英国靴は質実剛健を旨としているように思われますが、今回紹介するガジアーノ&ガーリングの靴もまた、英国靴の正統を受け継ぐシューズブランドです。同ブランドを主宰するトニー・ガジアーノ氏はエドワード グリーンのビスポーク部門を立ち上げた人物であり、ディーン・ガーリング氏はクレバリーなどのアウトワーカーとして活躍していたビスポーク職人。英国靴の基本スタイルを熟知しているからこそ、それを発展させたエレガントなスタイルを作り上げることができるわけです。
 
さて、写真のモデルは、そのガジアーノ&ガーリングの最上級ライン「DECO」コレクションのモデル「COOPER」に、パティーヌを施したトレーディングポスト35周年モデルです。伝統的な英国靴の世界では、パティーヌには否定的だといいますが、個性的ながらも自己主張しすぎない控えめさは、英国靴らしいともいえるでしょう。
採用されている木型は、サイドウォールは屹立しつつも丸壁なので、シャープながらもエキセントリックな印象がなく、これがビスポークのように細く絞られたウエストなどと相まって、なんとも優雅なシルエットに見せています。

 
ジャケットスタイルなどと好相性であるのは当然ですが、スーツと合わせれば落ち着きある大人の足元を演出してくれるでしょう。いずれにせよ、この1足を履けば足元の印象がグンと格上げされること請け合いです。

 
  • GAZIANO&GIRLING(ガジアーノ&ガーリング)
  • COOPER 350,000円(税別)
  • お問合せ:トレーディングポスト青山本店 TEL.03-5474-8725
 
 

onlineshop