BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > ハンドソーンの極上な履き心地を体感できるバートン

ハンドソーンの極上な履き心地を体感できるバートン

2019年10月9日
トリッカーズ

ハンドソーンの極上な履き心地を体感できるバートン

英国のグッドイヤー靴が「重くて硬い」ことは“お約束”ですが、なかでも群を抜いて「重くて硬い」のが、トリッカーズのカントリーラインです。ちなみに、硬いのは履き始めだけで、履き込めば反(かえ)りがよくなり、中底が足の形に沈んでフィット感が増すという利点があります。といっても、その状態になるまで時間は必要ですが…。
 
さて、今回紹介するトリッカーズのバートンは、一見、レギュラーモデルと変わりませんが、実はビスポーク部門に制作を依頼したハンドソーンウェルテッド製法によるバートンなのです。アッパーとウェルトの取り付けを手縫いで行うハンドソーンウェルテッド製法(底付けのみミシンを使用する九分仕立て)は、硬さの原因となるリブテープを使用せず、ウェルトを中底に直接縫いつけるため、ソールの反(かえ)りが良く快適な履き心地を生み出します。くわえて、中もののコルクが薄く経年によるコルクの沈み込みが少ないため、履き始めからジャストサイズを履くことができるのです。まさにビスポーク部門ならではのノウハウが巧みに生かされた極上のプレタシューズといえるでしょう。
 
本来、高額なビスポーク(ビスポーク部門ではチャールズ皇太子をはじめとした錚々たる顧客が名を連ねる)でしか手に入らないトリッカーズのハンドソーンなのに、それがなんと16万円というお値打ち価格なのですから、履き初めから快適なトリッカーズのカントリーシューズが欲しいという方にお薦めしたい一足なのです。

 
  • Tricker’s (トリッカーズ)
  • バートン 160,000円(税別)
  • お問合せ:トレーディングポスト青山本店 TEL.03-5474-8725
 
 

onlineshop