BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > 週末の足元を格上げしてくれるバチュー サーパスをイメージしたスニーカー

週末の足元を格上げしてくれるバチュー サーパスをイメージしたスニーカー

2019年9月5日
ハンティング・ワールド

週末の足元を格上げしてくれる
バチュー サーパスをイメージしたスニーカー

‘90年代の大流行を知る筆者の世代にとって、ハンティング・ワールド(1965年、ロバート・M・リー氏により、ニューヨークにて創業)は、日本にインポートのカジュアルバッグがほとんどなかった時代にあって、ヌメ革でトリミングされたバチュー・クロス製の「バチュー オリジン」は、誇らしく輝いて見えたものです。
その「バチュー オリジン」は、2010年に現在の「バチュー サーパス」として引き継がれ、今もブランドを代表するアイコンバッグとなっています。ここではそのコレクションにインスパイアされたスニーカーをイチ押ししてみたいと思います。

 

ハンティング・ワールド

実は同ブランドがスニーカーを発売したのは2019年春夏から。当モデルはその第2弾にあたります。光沢のあるナイロンとレザーの組み合わせは、まさにバチュー サーパスの世界観を継承しており、スポーツスニーカーとは一線を画しています。
シンプルなデザインはコーディネートの汎用性が高く、週末カジュアルに違和感なく合うことでしょう。また、小象のロゴが存在感を与えていて、それもまた魅力的です。さらに、街履き用ながら、テクニカルなソールが搭載されているのも大きな特徴といえるでしょう。

 
こうしたファッション性の高いスニーカーは、ワードローブにあると非常に重宝するものです。シンプルに見えますが、それでいて大変個性的でエレガント。まさにこの秋、週末の足元を飾るに相応しい大人のスニーカーに仕上がっています。

 
  • HUNTING WORLD(ハンティング・ワールド)
  • スニーカー(グリーン、ブラック) 65,000円(税別)
  • お問合せ:ハンティング・ワールド帝国ホテル店 TEL.03-3501-7080
 
 

onlineshop