BOQ > 連載 > CLOSEUP > 時計 > 洗練という言葉が似合う、オール カモフラージュの タイムピース

洗練という言葉が似合う、オール カモフラージュの タイムピース

2019年9月4日
モーリス・ラクロア

MAURICE LACROIXモーリス・ラクロア

洗練という言葉が似合う
オール カモフラージュの タイムピース

 
心臓部のムーブメントはクォーツ、文字盤やケース、さらにはブレスレットまで迷彩柄。機械式腕時計を好む人が多い、いわゆる腕時計マニアのなかには、素直にうなずけない人もいるのではないでしょうか。けれども、第1次世界大戦中に考案されたものであるとはいえ、迷彩柄は今ではミリタリーに限定されることなくファッションの一部になっています。そうした背景を大胆に見据えて、従来の感覚を超えたところに価値観を見出してきたのがモーリス・ラクロアなのです。
 
スイスの時計メーカーとしては新しく、誕生したのは1975年ですが、自社ムーブメントの開発に力を入れてきただけでなく、従来の常識や既成概念にとらわれないデザインで注目を集めてきています。2019年の新作「アイコン クロノグラフ カモフラージュ」も、まさにモーリス・ラクロアでなければ創れなかったデザインの腕時計といえるでしょう。

 

モーリス・ラクロア

 
これまでの高級腕時計では考えられなかった迷彩柄は、都会的なセンスにワイルドな要素を組み合わせたアーバンジャングルをイメージ。マスキュリンでありながらトレンドを抑えたデザインで、ストリートウェアにフィットするセンスが備わっています。しかも、文字盤やケースだけでなく、画期的な転写技術を駆使してブレスレットにまで迷彩柄を施しています。ここまで大胆かつ画期的なデザインを持つタイムピースは「アイコン クロノグラフ カモフラージュ」が世界初です。
 
なお、このモデルにはモーリス・ラクロアのイージーチェンジャブルシステムが採用されているので、ブレスレットはブラックのテクニカルキャンバスタイプの表面加工がされたレザーストラップに簡単に交換することができます。大胆なデザインのこのモデルを、どう解釈して愛用していくか。まさに持つ人の個性が発揮できるといえるでしょう。
 

bellroy ベルロイ

このブレスレットとストラップは迷彩柄のスペシャルボックスに収納されているというのも、ちょっと微笑ましいこだわりです。日本入荷25本というのもマニアには見逃せないポイントかもしれません。
 
 
 
アイコン クロノグラフ カモフラージュ
ステンレススチールケース(ブラックアンスラサイト&PVD)
ケース径:44mm
10気圧防水
クォーツムーブメント
2019年発売時期未定
世界限定500本(日本入荷25本)
175,000円(税別)

 
 

モーリス・ラクロア

 
 

お問合せ:モーリス・ラクロア(DKSH ジャパン) TEL.03-5441-4515

 

文:有澤 隆

 
 

onlineshop