BOQ > 連載 > CLOSEUP > 時計 > ダイバーズウォッチ60年の歴史を持つチューダーの最新モデル「ブラックベイ ブロンズ」に注目!

ダイバーズウォッチ60年の歴史を持つチューダーの最新モデル「ブラックベイ ブロンズ」に注目!

2019年7月22日
チューダー ブラックベイ ブロンズ

TUDORチューダー

ダイバーズウォッチ60年の歴史を持つ
チューダーの最新モデル「ブラックベイ ブロンズ」に注目!

 
アンティークウォッチやロレックスに関心の高い人なら、チューダーを知っているかと思います。けれども最近になって時計に興味を持つようになった人には、なんだかロレックスに似ているな、という程度に思えるかもしれません。それもそのはず、チューダーはロレックスの創立者であるハンス・ウイルスドルフが、1926年の会社設立から独占的使用権の取得などに大きく関与しているからです。
 
チューダーというブランド名ですが、歴史に関心のある人ならわかると思いますが、エリザベス1世で知られるイギリスのチューダー朝に由来しています。現在、チューダーのロゴは盾ですが、1936年からハンス・ウイルスドルフがチューダーを傘下にすると、チューダー朝の紋章であるバラを模したものが用いられるようになりました。
正式にチューダーが設立されたのは1946年ですが、ロレックスと同じオイスターケースを採用しながら、価格を抑えるため汎用ムーブメントを採用していたため、当時はロレックスの廉価版とか、弟分とか言われることもありました。現在、チューダーは独自のマニュファクチュールムーブメントを搭載しています。そして2018年10月、チューダーは日本へ本格的に上陸したのです。

 
 
重厚な味わいのブロンズ製ケースでぐっと男前アップ
 

チューダーのラインナップは大きく分けると、ブラックベイ、ノースフラッグ、ぺラゴス、ヘリテージがあり、ブラックベイはベーシックなものからダイバーズウォッチ、GMT、クロノグラフなどと種類が多く揃っていて、チューダーの主力といっていいでしょう。なかでも注目は2019年新作のひとつ「ブラックベイ ブロンズ」でしょう。
 

チューダー ブラックベイ ブロンズ

 
サテン仕上げのブロンズ製43mmケースに、約70時間のパワーリザーブを誇るマニュファクチュールキャリバーMT5601(COSC認定クロノメーター)を搭載。そのブロンズ製ケースは着用する人のライフスタイルによって美しく変化し、外側から内側にかけてグラデーションになっているスレートグレーのダイヤルとともにオリジナリティを際立たせています。
 

チューダー ブラックベイ ブロンズ

 
さらなる特徴として、スノーフレークと呼ばれる、1969年に登場したチューダーのダイバーズウォッチのアイコンである角型の時針を備え、初期のチューダーに見られる大きなリューズにはチューダーローズが刻印されています。これらのデザインは1950年代のダイバーズウォッチから着想を得たものです。「ブラックベイ ブロンズ」はチューダーのダイバーズウォッチが持つ60年の歴史と伝統に、現代的な技術や実用性などの要素を加味した、ネオビンテージとも呼ぶべき存在感を発揮しているモデルといっていいでしょう。
 
チューダーはロレックスのディフュージョンブランドではありません。ロレックスの優れた技術と信頼を受け継ぎながらも、独自のコンセプトとオリジナリティによって創り出される、機能性にあふれた実用腕時計の旗手ともいうべきブランドといえます。
 
 

チューダー ブラックベイ クロノ S&G

ブラックベイ ブロンズ
サテン仕上げブロンズ製ケース、ブロンズ製逆回転防止ベゼル、ケース径43mm、200m防水、自動巻き(パサーリザーブ約70時間)、ブラックヌバックレザーまたはスレートグレーファブリックストラップ(ブロンズ製バックル)、429,500円(税込)

 
 

お問合せ:チューダー www.tudorwatch.com/ja
日本ロレックス TEL.03-3216-5671 

 

文:有澤 隆

 

 

onlineshop