BOQ > REVIEW > バチュー サーパスをイメージしたスニーカー

バチュー サーパスをイメージしたスニーカー

ハンティング・ワールド

週末の足元を格上げしてくれる
バチュー サーパスをイメージしたスニーカー

‘90年代の大流行を知る筆者の世代にとって、ハンティング・ワールド(1965年、ロバート・M・リー氏により、ニューヨークにて創業)は、日本にインポートのカジュアルバッグがほとんどなかった時代にあって、ヌメ革でトリミングされたバチュー・クロス製の「バチュー オリジン」は、誇らしく輝いて見えたものです。
その「バチュー オリジン」は、2010年に現在の「バチュー サーパス」として引き継がれ、今もブランドを代表するアイコンバッグとなっています。ここではそのコレクションにインスパイアされたスニーカーをイチ押ししてみたいと思います。

 

ハンティング・ワールド

実は同ブランドがスニーカーを発売したのは2019年春夏から。当モデルはその第2弾にあたります。光沢のあるナイロンとレザーの組み合わせは、まさにバチュー サーパスの世界観を継承しており、スポーツスニーカーとは一線を画しています。
シンプルなデザインはコーディネートの汎用性が高く、週末カジュアルに違和感なく合うことでしょう。また、小象のロゴが存在感を与えていて、それもまた魅力的です。さらに、街履き用ながら、テクニカルなソールが搭載されているのも大きな特徴といえるでしょう。

 
こうしたファッション性の高いスニーカーは、ワードローブにあると非常に重宝するものです。シンプルに見えますが、それでいて大変個性的でエレガント。まさにこの秋、週末の足元を飾るに相応しい大人のスニーカーに仕上がっています。

2019.11.09 UPDATE

  • HUNTING WORLD(ハンティング・ワールド)
  • スニーカー(グリーン、ブラック) 65,000円(税別)
  • お問合せ:ハンティング・ワールド帝国ホテル店 TEL.03-3501-7080

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS