BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > レトロデザインと今時の履き心地が融合した復刻スニーカー

レトロデザインと今時の履き心地が融合した復刻スニーカー

2019年2月7日
英国軍 オフィサーシューズ

レトロデザインと今時の履き心地が融合した復刻スニーカー

ミズノのルーツは1906年、洋品雑貨のほか野球ボールの販売からスタートした水野兄弟商会にさかのぼります。以後、スポーツ分野への進出により、多彩なスポーツシューズを開発。1986年に現在のロゴ「ランバード」を使用して、高品質で履き心地に優れたスポーツシューズを追求。多くのプロアスリートに採用されるなど、スポーツシューズにおけるグローバルトップブランドとして知られています。
 
今回はその『ランバード』以前に展開されていたミズノの「M」がアッパーサイドにあしらわれた復刻モデル『Mライン』の紹介です。オリジナルの『Mライン』は1972年に登場し、当時の最先端技術を用いた競技用シューズなど、様々なモデルが人気を博し一世を風靡しました。
 

英国軍 オフィサーシューズ

写真のモデルは、往年のランニング、レーシングシューズをベースに、長年人の足に合うよう改良を続けてきた木型を採用して本格的なフィット感を追求し、国内開発、国内生産で製品化した『Mライン』の1モデルです。
 
当時のオリジナルの質感を再現したナイロンツイル素材をアッパーに採用し、ミッドソールには軽く衝撃吸収性に優れたEVAを採用。また、タンには現在は使用されていない「ビクトリーカップ印」の商標が使用されています。
 
さて、シンプルなルックスは足元に品よく栄え、コーディネイトの控えめなアクセントになってくれるでしょう。ちょっとこだわりのもてる街履き靴を探しているスニーカー好きにも、お薦めできる1足だと思うのです。
 
MIZUNO(ミズノ)
MIZUNO MR1  14,800円(税別)


お問合せ:ミズノお客様相談センター TEL.0120-320-799

 

onlineshop