BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > 地中海テイスト漂うロトゥセのプレーントウ

地中海テイスト漂うロトゥセのプレーントウ

2018年9月26日
ロトゥセ

地中海テイスト漂うロトゥセのプレーントウ

スペイン東部の地中海に浮かぶマヨルカ島は、スペイン靴の一大産地のひとつですが、この地で最初に靴工場を開いたのが、今回紹介するロトゥセです。創業者のアントニ・フルシャ氏は、英国で靴作りを学んだ後、1877年にマヨルカ島初の靴工場を立上げました。
 
さて、写真の靴を見てみますと、英国靴の影響が見て取れますが、質実さを控えた佇まいは地中海的であるといえます。デザインは外羽根式のプレーントウで、ダブルソールのストームウェルト仕様。上品さとスポーティな要素を兼ね備えており、カントリースタイルからビジネススーツのコーディネイトまで高い汎用性をもっています。ラストは内振りの形状のコンフォートラストを採用し、歩行時にかかとからつま先に至る体重移動が絶えずインサイドに向かうため、歩きやすく長時間の歩行でも疲れにくいのが特長です。
 
さらに注目したいのはアッパーの素材。原皮はフランス北部で自然放牧された牛にこだわって専属契約しており、希少性が高いため2、3年前から原皮を押さえているそうです。本品ではその上質でしなやかな風合いの革にガラス加工を施した素材を使い、コードバンのような雰囲気を巧みに表現しているわけです。
 
昨今、洗練されたトラッドテイストがトレンドですが、そうした装いの足元に、この靴が絶妙にマッチするはずです。
 
 
LOTTUSSE(ロトゥセ)
28540 74,000円(税別)
お問合せ:オークニジャパン TEL.0800-111-0677

 

onlineshop