BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 語れるウンチクと抜群の機能性を誇るルーディック・ライターのシンプルスニーカー

語れるウンチクと抜群の機能性を誇るルーディック・ライターのシンプルスニーカー

ルーディック・ライター ジャーマントレーナー

語れるウンチクと抜群の機能性を誇る
ルーディック・ライターのシンプルスニーカー

今回は懐かしいルーディック・ライターのスニーカー「トレーナー」の紹介です。1996年にヘルムート ラングがコレクションにルーディック・ライターのスニーカーを使用したことで一躍注目され大ヒットしたこのスニーカーは、当時を知る人にはこれは本当に懐かしく、また強い印象をおもちのことと思います。近年では、様々なブランドが同タイプのスニーカーを発表しており、合わせるアイテムを選ばないシンプルで普遍的なフォルムは安定した人気を保ち、確固たる地位を確立しています。
 
実はそのルーディック・ライター(1885年にオーストリアのウィーンで創業)は、’90年代までスニーカーの製造は行っていませんでした。そんな同社がスニーカーを手掛け始めたきっかけは、卓越したスニーカー製造技術を持ちながら後継者の不在で存続の危機にあったキッツマンテル社を、1992年に吸収合併したことに始まります。このキッツマンテル社は通称“ジャーマントレーナー”の製造を手掛けていたメーカーでした。このジャーマントレーナーとは、1970年代から1994年にかけてドイツ軍で支給されていたインドア用のトレーニングシューズのことで、軍モノに共通する装飾性をそぎ落としたシンプルな美しさと機能性を兼ね備えたデザインが、「ミニマリズム」の先駆け的存在であるオーストリア人デザイナー、ヘルムート・ラング氏の目に留まったというわけです。
 

ルーディック・ライター ジャーマントレーナーのソールパターン

聞けば、ルーディック・ライターはキッツマンテル時代のデザインに何の変更を加えることなく、これを完全復刻させたのだとか。木型についても当時のオリジナルのフォルムを使用し、ソールも当時のものと同様に天然ゴムを使ったガムソールを採用しています。ヴィンテージスニーカーに散見されるガムソールは、屈曲性と弾力性に優れグリップ性も抜群。また、人間工学を応用して設計されているため、足に負担がかかりにくく、長時間履いていてもストレスを感じにくい、最高峰の機能性を備えているのです。
 
昨今、ヴィンテージライクなスニーカーが人気とのこと。見た目も履き心地もより軽やかなコート系が主流のようです。となれば、この「トレーナー」もそうしたトレンドにしっかり応えてくれる1足となるはずです。
 
 
LUDWIG REITER(ルーディック・ライター)
トレーナー 28,000円(税別)
お問合せ:川村通商 TEL.03-3861-4173 ludwig-reiter.shop-pro.jp

2018.05.25 UPDATE

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS