BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > ホワイトバックスとブリックソールが春夏に爽やかにマッチ

ホワイトバックスとブリックソールが春夏に爽やかにマッチ

Alden オールデン

ホワイトバックスとブリックソールが春夏に爽やかにマッチ

スエードやヌバックのホワイトシューズは19世紀~20世紀前半、上流社会の紳士たちが履いたスポーツ観戦用の靴に由来するそうです。また、レンガ色のソール(ブリックソール)は、かつてテニスコートの多くがレンガを砕いて作った粉が使われたアンツーカーコートで、観戦席も赤土敷きであったころ、テニス観戦用にアメリカの某シューズメーカーが売り出したのが、レンガソールのダービーシューズだったということです。その後、アメリカンカジュアルの代表的デザインとして、アイビーやプレッピースタイルに欠かせない存在となり、春夏の定番シューズとして認知されるようになりました。
 
今回紹介するのはホワイトカーフスエードを採用したオールデンの今季の新作です。木型は矯正靴をもとに開発されたモディファイドラストを採用。多くの足形にフィットする汎用性の高さと、トウに厚みのあるフォルムが特徴で、オールデンの中でもドレッシーでエレガントなモデルに採用される傑作木型です。注目すべきはアウトソールに採用されたスーパーライトソールです。水に浮くほど軽量でクッション性に優れたスーパーライトソールは、オールデンでは多くのモデルに採用されてきたソールですが、日本代理店ラコタによれば、実はレンガ色は日本初登場カラーだということです。
 
また、オールデンといえばエイジングレザーの王様コードバンが有名ですが、実はこのホワイトバックスも経年年化により「オフ白」に育ってゆくエイジングレザーなのです。新品のホワイトバックスでは少々“夏”すぎて履くのがはばかられる春頃にも「オフ白」であれば違和感がありません。
 
さて、ホワイトのアイレットや素仕上げのウエルト、ホワイトステッチの出し縫いなどと相まって、春夏の装いに清涼感をプラスしてくれるこの一足なら、リラックス感と上品さを兼ね備えた大人っぽい足元に見せてくれるはずです。
 
 
ALDEN(オールデン)
N6439 95,000円(税別)
お問合せ:ラコタ TEL.03-3545-3322 www.lakotahouse.com

2018.04.24 UPDATE

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS