BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > ‘30年代のジェイエムウエストンにオマージュを捧げた新作

‘30年代のジェイエムウエストンにオマージュを捧げた新作

2017年9月20日
J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)

‘30年代のジェイエムウエストンにオマージュを捧げた新作

ジェイエムウエストンには、ミッシェル・ペリー氏が手掛けるモダンでスタイリッシュなラインと、「ゴルフ」などのトラディショナルなモデルは「クラシックライン」としてカテゴライズされています。今回紹介するモデルは、一見、クラシックラインかと思うオーセンティックなデザインですが、実はミッシェル・ペリー氏が手掛けたモデルなのです。
この今秋の新作「ウルトラウエストン」は、1930年代にジェイエムウエストンの創業者の息子ユージェーヌ・ブランシャールが、それまでの製造ラインナップを見直し、「ウルトラ」の名を冠したより高品質なコレクションを発表しました。そのオマージュとして、この「ウルトラウエストン」が誕生したというわけです。

 

J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)

さて、本品を見てみますと、かかと以外に継ぎ目のない1枚革でできたホールカットのデザインは、シンプルなデザインながら甲からつま先にかけての美しいラインと、レースステイからトップラインにかけアッパーと同系色のパイピングを施し表情豊かな面持ちに。これに加え、本品を個性的に見せているのがアッパーに採用された「タンポナートフィニッシュ」を施した仏デュプイ社のカーフです。この繊細で深みあるムラ感は、アンティーク仕上げとは一味違った趣があり、本品をさらにエレガントなものにしています。
 
このトラディショナルなフォルムには、やはりフレンチトラッドがよく似合いそうですし、ジャケットにデニムというのもありでしょう。「トラッドな着こなしの足元を個性的な靴で品よく見せたい」という洒落者には、ことにお薦めの1足だと思うのです。
 
 
J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)
ULTRA WESTON 「344」ワンピースオックスフォード 157.000円(税別)
お問合せ:ジェイエムウエストン 青山店 TEL.03-6805-1691


J.M. WESTON(ジェイエムウエストン) - この靴のお手入れのコツ -

ホールカットはシンプルゆえ、つま先と踵のハイシャインはメリハリを出す意味でも重要です。ハイシャインが苦手な方にはブートブラックのポリッシュウォーターがお薦めです。また、ワックスを塗る前にデリケートクリームを塗っておくと、さらに効果的です。
 

onlineshop