BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > イタリアの大物2社コラボのドライビングシューズ

イタリアの大物2社コラボのドライビングシューズ

2017年7月28日
TOD’S for FERRARI(トッズ・フォー・フェラーリ)

イタリアの大物2社コラボのドライビングシューズ

クルマ好きには、ことに興味深い靴ではないでしょうか? このトッズとフェラーリのダブルネームのドライビングシューズには、カップインソールに両社のロゴがプリントされ、踵にはフェラーリの跳ね馬が刺繍されています。筆者のようなスーパーカー世代にとっては、なんとも魅力的なコラボ靴です。
 
トッズは20世紀初め頃、伊マルケ州カセッテ・デテで創業されたシューメーカーの3代目であるディエゴ・デッラ・ヴァッレ氏が自社で開発したラバー・ペブル(ゴム突起)をはめ込んだソールのハンドメイド・モカシンを売り出すべく、1979年に創設したブランドです。そして、その靴こそがドライビングシューズのマスターピースである、同ブランドの「ゴンミーニ」です。
 
いっぽう、伊モデナに本社を置くフェラーリは、レーシングドライバーであったエンツォ・フェラーリ氏により創業。1947年にレーシングカーの生産からスタートし、現在ではラグジュアリー・スポーツカーの頂点に君臨しています。
 

TOD’S for FERRARI(トッズ・フォー・フェラーリ)

さて、このドライビングシューズに話は戻ります。先述したとおり、ソールにラバー・ペブルをはめ込んだソールが使われているわけですが、ラバー・ペブルがヒールカップまで巻き上がった仕様ゆえアクセルワークも上々。また、革の選択や裁断、仕上げ縫製、整形などはいまなお、職人による手仕事が堅持され、そのことにより、優しく足を包み込み、ソフトな履き心地をもたらしているわけです。
木型はイタリアらしい細みのもので、トウや甲が低く、バックステイに向かって高くなっていく独特のフォルムです。また、デッキシューズ風のデザインであることも大きな魅力であるといえるでしょう。

 
クルマ好きやフェラーリ・ファンにはもちろんのこと、ワンランク上のドライビングシューズをお探しの方にもお薦めの、このモデル。コーディネイトしやすいカラーゆえ、幅広く愛履きできることでしょう。
 
 
TOD’S for FERRARI(トッズ・フォー・フェラーリ)
66,000円(税別)
取り扱い店舗:トッズ表参道店、銀座三越 トッズ メンズ、小田急新宿店 トッズ、阪急メンズ大阪 トッズ
お問合せ:トッズ・ジャパン TEL.0120-102-578


TOD’S for FERRARI(トッズ・フォー・フェラーリ) - この靴のお手入れ方法のコツ -
 
ドライブ専用の靴といっても、ソールはどうしても汚れてしまうものです、ソールまわりには豚毛のハンドルブラシが便利です。普段はブラッシングだけで美しい状態を保てます。たまに、防水スプレーを吹きかけておけば汚れが浸透しにくくなります。
 
 

onlineshop