BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 完璧な靴作りを志す実力派シューズブランド

完璧な靴作りを志す実力派シューズブランド

KANPEKINA(完璧な)

完璧な靴作りを志す実力派シューズブランド

KANPEKINAという聞き慣れない名前の靴ブランド。実はこれ、ペルフェットの海外向けのプランド名なのです。このネーミングのきっかけは、イタリアで開催されるピッティ・ウォモに出展した際、『なぜ、ブランド名が日本語ではなくイタリア語なのか?日本語の方がカッコいいのに。』と問われ、ハッとしたことから、ブランド名の「Perfetto(ペルフェット:伊語で「完璧」という意味)」を、「KANPEKINA(完璧な)」という、日本語のブランド名にしたそうです。
確かに、最近はメイド・イン・ジャパンの海外への売り込みも盛んになっていますが、ブランド名は外国語というのも数多く見受けられます。こうしたことは外国人から見ると、とても不思議に感じるようです。

 

KANPEKINA(完璧な)

写真の靴を見てみますと、日本で展開しているエレガントな佇まいのドレスシューズとは大きく異なり、ハラコ素材にレオパルド柄をプリントしたスリッポンは、幾分派手にも見えますが、週末のリラックスしたシーンで履く靴であれば、このような遊び心あるタイプも足元に色気を添えてくれます。
この日本の靴らしからぬエレガントで色気ある佇まいには、海外の人々も納得できる魅力が秘められているのでしょう。しかも品質はといえば信頼のメイド・イン・ジャパン。細部にまでこだわって丁寧に作られ欧米製品に比して繊細な印象であり、それが大きな魅力となり、ピッティ・ウォモに集う洒落者たちからも高い人気を獲得しているそうです。

 
生真面目にも見えるドレッシーな「ペルフェット」もいいですが、遊び心を感じさせる「カンペキナ」もとても魅力的。メーカーであるビナセーコーの懐の深さも改めて認識できました。
さて、ここで朗報です。海外での評価も高い同ブランドの靴が、今後、日本でも手に入るようになるかも知れないそうです。詳しくは問い合わせて欲しいということ。乞うご期待ください。

 
 
KANPEKINA(完璧な)
スリッポン 65,000円(税別※予価)
お問合せ:ビナセーコー TEL.03-5680-2006

2017.07.24 UPDATE


KANPEKINA(完璧な) - この靴のお手入れ方法のコツ -
 
ハラコのお手入れはスエードと同じで普段はブラッシングで十分です。毛足が長い分表面に汚れが付きにくいのでお手入れは楽です。竹から抽出したエキスを配合したオーガニック バンブーローションで汚れを落として保湿効果を与え、オリーブオイルをベースにしたオーガニック プロテクト&ケアで、水や汚れの浸透を防ぎ、素材の風合いを維持します。
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS