BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > アメリカントラッドの伝統を継承する精緻な国産靴

アメリカントラッドの伝統を継承する精緻な国産靴

Pin & Green(ピン&グリーン)

アメリカントラッドの伝統を継承する精緻な国産靴

今回は「ピン&グリーン」というブランドを紹介するのですが、ネットで探しても情報がなく、筆者も初めて聞くブランド名でした。その名称からゴルフを連想しますが、製品を見る限り関係ないようです。さらに、東京・神田地区のごく一部の店舗でしか展開していないことからも、謎の多いブランドです。
 
さて、写真はそのピン&グリーンの最新作。控えめに膨らみのある、いわゆるエッグトゥのボリュームあるフォルムは、よく見るとインサイドにひねりの入った、アメリカンシューズ伝統の内振りスタイルであることが見てとれます。また、土踏まずが絞り込まれ、ヒールカップも小ぶりであり日本人の足型に適った木型になっています。このようにアメリカントラッドをたっぷり意識して作られたこのモデル。実は、数年前までリーガルがライセンス生産していたアメリカの某ブランドの木型とデザインを、そのまま使って作られたものなのです。
 
このモデルは、アメリカンテイストと日本製品の精緻さを兼ね備え、リーガル社が過去に生産した数多くの靴の中でも特に名作と言われる木型とデザインであり、一部で復活を望む声も多く、このたび「ピン&グリーン」名義で日の目を見たというわけです。ちなみに、同ブランドでは、まったく違うコンセプトの製品も展開しており、どうやら特命案件につけられるブランド名のようです。
 
このように、木型も抜型もそのまま流用しているため開発コストがかからず、価格に比して高い品質を実現。生産はリーガルの新潟工場で行われており、したがって製法はグッドイヤー。採用されているカーフの、キメの整った表情から、上質な素材が使われていることがわかります。しかもお値段はといえば、正真正銘の日本製のグッドイヤー靴ながら、なんと税抜き3万円台! これはもう、デイリーで気後れなく使用できる実用靴として理想的ではと思うのです。
 
 
Pin & Green(ピン&グリーン)
ストレートチップ 38,000円(税別)
お問合せ:神田大喜靴店 TEL.03-3292-0704

2017.07.20 UPDATE


乳化性クリーム - この靴のお手入れ方法のコツ -
 
大喜靴店の北城さんいわく、強すぎない汚れ落としを使ってから保革クリームを塗り…と、一般的なお手入れを推奨してくれました。汚れ落としはリムーバーではなくコロニル1909のシュプリームクリームデラックスでマッサージするように古いクリームや汚れを浮かしてふき取ってください。
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS