BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 大塚製靴145年の歴史と最新技術が融合した実用靴

大塚製靴145年の歴史と最新技術が融合した実用靴

Otsuka(オオツカ)

大塚製靴145年の歴史と最新技術が融合した実用靴

「重いし堅いから」と、グッドイヤー製法を敬遠する方もいらっしゃるかもしれません。しかし、堅いのは履き始めだけで、履きこめばかえりがよくなるうえ、中底が足の形に沈んでフィット感が増すという利点がグッドイヤー靴にはあるのです。そんな方にもお薦めしたいのが今回紹介する大塚製靴のビジネスシューズ「Otsuka」の新作ストレートチップです。
 
従来のグットイヤ―靴は、しばらく履きこまなければ足に馴染みませんでした。しかし、本品は始めからかかと部分が足裏にそった形のコルク材を採用しているため、履いた瞬間から包み込まれるような格別なフィット感が得られます。さらに、かかと以外には練りコルクを使用し、硬さの違う2種類のコルクを使用することにより、足なじみとクッション性を高めています。
 

Otsuka(オオツカ)

そして、従来のグッドイヤー靴は中底にウエルトを縫いつけるためにリブを使用するのですが、このリブがグッドイヤー靴の「堅い」といわれる原因でもありました。それを中底面に溝を掘り、手縫いですくい縫いすることで、グッドイヤー製法ながら履き始めから返りの良い快適な歩行性を実現しています。
 
また、アッパーには防水革を使用しているのですが、防水加工された革の多くは質感が味気ないのものです。しかし、こちらはアンティークな雰囲気を出すバーニッシュレザー(焦がしレザー)。雨や汚れに強く、しかも、高級感のある質感なのです。
 
このように、実用靴としての機能性をそなえつつ、大塚製靴の横浜・日吉の自社工場製なのに税別3万円台というお値打ち価格。グッドイヤーゆえ末長く履くことが可能であることを考えれば、これは本当に破格です。「気後れなく履けるビジネス用に」という方も、これなら抵抗なく購入できるはず。雨の日にも履くことのできる実用足として、とても心強い1足になることでしょう。
 
 
Otsuka(オオツカ)
OG-1000 38,000円(税別)
お問合せ:大塚製靴 TEL.03-5413-0765

2017.07.13 UPDATE


乳化性クリーム - この靴のお手入れ方法のコツ -
 
バーニッシュレザー(焦がしレザー)とはいいますが、本当に焦がしているワケではなく摩擦により色が変わるそうです。お手入れは普通の靴クリームで構いません。焦がした部分は、より色が入り風合いが出てきますので。
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS