BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 気後れなく履ける実用Uチップ

気後れなく履ける実用Uチップ

RENDO(レンド)

気後れなく履ける実用Uチップ

’90年代半ばのUチップブーム以来、久しぶりにUチップ人気が復活です。ビジネス靴としてはもちろんですが、カジュアルな着こなしを格上げするのにUチップは欠かせないアイテムです。
 
今回紹介するのは浅草にアトリエ兼ショップを構えるレンドのUチップです。レンドを主宰する吉見鉄平氏は、浅草のシューズメーカー出身で、履き心地を一番に考慮した靴型の意図をそこなわない洗練されたデザインが特徴です。また、自社店舗とインターネット販売に限定することで、熟練職人の手による高品質でありながらもお手頃な価格を実現しています。
 
さて、写真の靴を見てみますと、デザインは外羽根式で、ややポッテリとしたシルエット。グッドイヤー製法のアウトステッチが靴を全周するオールアラウンドステッチである点や、ソールにグリップ力やクッション性、耐摩耗性に優れるリッジウェイソールを採用している点などは、カジュアルUチップの頂点に立つ名靴「ゴルフ」の影響が見てとれます。
 

RENDO(レンド)

「ゴルフ」はジャーナリストシューズなどとも称され、ハードに仕事をこなすための頑強な靴であるわけですが、お値段を考えればハードな使用はちょっと気が引けます。そこで、レンドではコンセプトはそのままに、手ごろな価格で気後れなく履ける実用靴として、この靴を作ったということです。また、ヒールカップは日本人の足型に合うよう小ぶりに、さらに、カカト内側のすべり革に起毛革を採用し、歩行時のカカト抜けを防ぐなど、こまかな配慮がなされています。
 
そして、外羽根式というのがポイントで、これにより、ジャケットスタイルからカジュアルまで、さまざまなコーディネートに全方位でマッチ。ビジネスシーンでも礼を失することはなく、しかも週末の足元にも合う、そんな重宝な1足をお探しの方にお薦めできる1足といえるのです。
 
 
RENDO(レンド)
APRON FRONT DERBY 43,000円(税別)
お問合せ:レンド TEL.03-6802-3825

2017.07.11 UPDATE


乳化性クリーム - この靴のお手入れ方法のコツ -
 
吉見さんに聞いたところ、この靴は工場出荷時に、革にあまり色を入れず仕上げてあげているので、靴の色より濃いブラックやダークブラウンの靴クリームを使って、濃い色に変化させていっても良いですし、赤みのあるクリームで明るい仕上がりにしても面白いと思いますとのこと。革は雨にも強いので気兼ねなく履いてください。
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS