BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > ヒロ・ヤナギマチを代表するデザインが新ラストに

ヒロ・ヤナギマチを代表するデザインが新ラストに

HIRO YANAGIMACHI(ヒロ・ヤナギマチ)

ヒロ・ヤナギマチを代表するデザインが新ラストに

日本のビスポークメーカーの先駆けのおひとり柳町弘之さんの工房「ヒロ・ヤナギマチ ワークショップ」では、最近、欧米での受注会をスタートし、各国で好評を博しているそうです。インターネットのおかげで海外の靴好きにも知られた存在であるため、「ようやく手に入れることができた」という声も多く聞かれたそうです。
 

HIRO YANAGIMACHI(ヒロ・ヤナギマチ)

さて、写真の靴はそのヒロ・ヤナギマチを代表するデザインである1ループのギリーを、新しいラストに乗せ換えたサンプルです。ラウンドにカットされたハネと、Uモカの形状、そこからループへとつながるインカーブ、これらが織り成す流線の妙は、細部まで破綻のない極めて完成度の高いデザインです。
 
この靴をホームページで見たスイスの方が、この靴を買いたいので送って欲しいと要望されたものの、既成靴ではないので難しいと丁重にお断りしたそうです。どうしても諦めきれなかったその方は、ロンドンの某ビスポークシューメーカーで、同じデザインの靴をビスポークしたそうなのですが、このデザインをいたく気に入った同シューメーカーは、自身の新作として発表したというのですから、いろいろな意味で驚きです。
テレビ番組のように「日本スゴイ!」と過剰に礼賛するつもりはありませんが、日本の靴作りが本場に影響を与えるまでになったことは、素直に嬉しく思います。

 
昨今、日本の靴職人たちによるビスポークに高い評価が集まっていますが、共通するのは“丁寧な手仕事”ではないでしょうか。イギリスやフランス、イタリアの靴にそれぞれのお国柄があらわれているように、細部まで破綻なく繊細、かつ妥協なく作られている点こそ日本的であると思うのです。
 
 
HIRO YANAGIMACHI(ヒロ・ヤナギマチ)
1 Loop Derby Apron Front, Gillie Style 185,000円(税別)~
お問合せ:お問合せ:ヒロ・ヤナギマチ ワークショップ TEL.03-6383-1992

2017.07.08 UPDATE


ペダック/レザーグローブ - この靴のお手入れ方法のコツ -
 
この靴のお手入れに限りませんが、最後の仕上げに使うポリッシンググローブは、羊毛を使ったペダックのレザーグローブがおススメです。羊毛に含まれる天然油脂ラノリンが効果的に艶を与えてくれるので、仕上げ拭きに最適です。
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS