BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 現代的にバージョンアップしたアメリカンシューズ

現代的にバージョンアップしたアメリカンシューズ

ALLEN EDMONDS(アレン・エドモンズ)

現代的にバージョンアップしたアメリカンシューズ

アレン・エドモンズといえば、いまなおアメリカントラッドシューズの伝統を堅持し、現在もウィスコンシン州南部ポートランドの自社工場で伝統的なグッドイヤーシューズを生産するアメリカンシューズの代表的ブランドです。今回紹介するのは、そうした同ブランドにおいて、ちょっと今風な感覚を取り入れた「ニュモク2.0」を紹介します。
 

ALLEN EDMONDS(アレン・エドモンズ)

写真のモデルはメダリオンが大きく先端まで張り出しており、各所に施されたダブルステッチと相まって個性的な顔つきです。また、アッパーには米ホーウィン社のクロムエクセルが採用され、内振り形状のラストに、リバースウエルトやオールアラウンドのアウトステッチでアッパーに縫合されている点は、アメリカンシューズのお約束なのですが、最大のポイントはアンラインド仕様である点でしょう。これは、伝統的なアメリカンシューズが堅牢である反面、履きこなすのに時間がかかるため、履き始めから返(かえ)りのよいコンフォタブルなグッドイヤー靴を目指した製品であるからです。ソールがシングルソールで、インソールには低反発素材が採用されている点も、そうした理由からです。
 
しかも、米国ポートランドの自社工場で作られた正真正銘のメイド・インUSA! このように製造地、素材、デザインとどこをとっても正統なアメリカンシューズであり、履き心地も快適。ジャケットスタイルからきれい目カジュアルまで、幅広い着こなしの足元にスマートにマッチ。ぜひとも“押さえておきたい”1足であるに違いありません。
 
 
ALLEN EDMONDS(アレン・エドモンズ)
NEUMOK 2.0 59,000円(税別)
お問合せ:トレーディングポスト青山本店 TEL.03-5474-8725

2017.07.04 UPDATE


サフィール ノワール/クレム 1925 - この靴のお手入れ方法のコツ -
 
クロムエクセルのお手入れといっても、その靴がドレスシューズであれば、味出しよりも、きれいに履きたいものです。その場合はドレスシューズと同じ靴クリームを使ってお手入れしてください。
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS