BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > PORSCHE DESIGN

PORSCHE DESIGN

2013年3月15日

p1

ボディのジグザグパーツが噛み合い、
ペン先がニョキッと出てくる!

ポルシェデザインのボールペンといえば、これまで「P’3110 テックフレックス」をはじめ、ペンを振ってペン先の出し入れを行う“シェイクアクション方式”など、シンプルで無駄のないデザインと、独自の機能性を追及するモデルが多かった。この「レイザーフレックス」もまさに画期的なデザイン。方式は先端部を押すノック式なのだが、ステンレススチール本体がジグザグのリング状のパーツで構成されていて、僅かな隙間が存在する。先端部を押すとその隙間が埋まり、ペン先が飛び出すという仕組みなのだ。ボールペン芯が互換性に優れるペリカン337リフィルという点も合理的で有り難い。

 

ポルシェデザイン P’3115 レイザーフレックス 39,900円
※4月1日より47,250円に価格改定

p2

天冠部分を押すとボディがご覧のようにすき間がつまりペン先が現れる。

お問合せ:ペリカン日本 TEL.03-3836-6541

 

文:倉野 路凡 写真:猪又 直之

 

onlineshop