BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > ホーウィンコードバンを採用した個性派タッセルローファー

ホーウィンコードバンを採用した個性派タッセルローファー

2017年6月21日
LUDWIG REITER(ルーディック・ライター)

ホーウィンコードバンを採用した個性派タッセルローファー

今回はアメリカ靴の定番スタイルである、タッセルローファーというクラシカルなデザインを、アメトラとは対称的にシャープな印象にまとめた、ルーディック・ライター(1885年にルーディック・ライター氏によってウィーンで創業)の新作モデルを紹介します。
 

CAULAINCOURT(コーランクール)

アッパーには、オールデンで有名な米ホーウィン社のシェルコードバンを採用。しかも、アンラインド仕様でホーウィン社のスタンプをあえて見せるという、コードバン好きには心憎い演出がなされています。
しかし、筆者が目をみはったのは木型です。分類すれば、丸みを帯びたチゼルトゥとでもいうべき個性的なもので、トゥは丸みを帯びていており、サイドウォールは屹立しつつもエッジがUモカ部分にかさなるため、シャープながらもエキセントリックな印象はありません。また、トウが著しく内側に屈曲した内振りの形状は、中央ヨーロッパの伝統を感じることができます。

 
いうまでもなく、トラッドな品ある着こなしに絶妙にマッチすること請け合いですし、オンスタイルを品よくカジュアルダウンさせて見せるためにも有効です。ひと味違うコードバンシューズをお探しなら、これはぜひとも狙ってみたい1足です。
 
 
LUDWIG REITER(ルーディック・ライター)
タッセルローファー
お問合せ:川村通商 TEL.03-3861-4173


コロニル/オーガニック プロテクト&ケア - この靴のお手入れ方法のコツ -
 
ベネチアンクリームを有名にしたのは、コードバンのタンナーである米ホーウィン社の社長がコードバンケアにベネチアンクリームを推奨したことがきっかけでした。万能クリームですが、とくにコードバンケアの評価が高く、コードバン本来の柔軟性を保ち、独特の鋭い光沢を与えるコードバンにとって理想のクリームです。
 
 

onlineshop