BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > 上品な素材使いとレトロ顔が足元を品よく演出

上品な素材使いとレトロ顔が足元を品よく演出

2017年6月8日
LUDWIG REITER(ルーディック・ライター)

上品な素材使いとレトロ顔が足元を品よく演出

‘90年代のハイテクスニーカーブームが一段落したころ、シンプルなローテクスニーカーが注目され、高級レザースニーカーブームへとつながっていきました。そのブームの一翼を担っていたのが、今回紹介するルーディック・ライターです。
 
そもそも、同ブランドはグッドイヤー製法を得意とする1885年創業の高級靴ブランドです。そうしたブランドがスニーカーを生産するようになったのは、1992年にスニーカー製造技術を持ったキッツマンテル社を買収したことに始まります。
高級レザースニーカーブームの中心であったエルメスやサントーニが、従来のスニーカーとは一線を画したラグジュアリーなスタイルを築いたのに対し、いっぽうの立役者である同ブランドは、キッツマンテル社が培ってきたローテク系のレトロなスタイルを展開し、それがファッションデザイナーに着目され、大いにブームを盛り上げたのでした。

 
写真のモデルも例外ではなく、レトロな顔つきのランニングシューズです。上質なカーフスエードとウルトラ・ライト・ファブリックの同色コンビは汎用性が高く、週末カジュアルに違和感なく合いそうです。また、靴中はオレンジのレザーライニングが採用されて足あたりも良く、さらに、街履き用ながら、テクニカルなソールが搭載されているのも大きな特徴といえるでしょう。
 
全体の印象はスポーティさとともにエレガンスがあって、繊細な素材使いやカラーリングは、一見控えめながらも個性が感じられます。ルーディック・ライターのスニーカーは、大人の品ある休日スタイルに絶妙にマッチすること請け合いなのです。
 
 
LUDWIG REITER(ルーディック・ライター)
T-523 28,000円(税別)
お問合せ:川村通商 TEL.03-3861-4173


コンビトリートメント - この靴のお手入れ方法 -
 

コンビ素材の靴のお手入れには、保革・防水効果のあるコンビトリートメントを使うと便利です。使う前には馬毛ブラシでホコリを払ってください。スニーカーの見栄えを保つには、輝くホワイトソールをキープするのが重要です。こちらは手軽なスニーカーワイプがおすすめ。
 

 

onlineshop