BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > グッドイヤー靴のエントリーモデルとしておススメです

グッドイヤー靴のエントリーモデルとしておススメです

London Shoe Make(ロンドンシューメイク)

グッドイヤー靴のエントリーモデルとしておススメです

インドといえば靴の一大生産地、ということをどれだけの方がご存知でしょうか? 大量生産品がその中心ではありますが、英国の植民地であったことから、英国式の靴工場が数多く存在し、英国靴を代表するシューズブランドの製品も、この地で生産しています。今回ご紹介するロンドンシューメイクもまた、インドで生産を行う靴ブランドです。
 
ご紹介するのは同ブランドの「オックスフォード&ダービー コレクション」の一作であるストレートチップです。特筆すべきは、グッドイヤー製法でありながら、なんと1万円ぽっきり! オーソドックスなキャップトウオックスのデザインであり、ソールは濡れた路面でもすべりにくいオリジナルラバーソールですから、例えば、外回りの営業マンであれば、予期せぬ雨が降ってきても気後れなく履くことができます。
 
ところで、インドで生産される靴には軍用靴も多く、この靴も、どこかオフィサーシューズ(士官用の靴)のような雰囲気があります。ラストは日本で製作したそうですが、それ以外は現地の規格を採用しているそうなので、そういった影響もあるのではないかと思います。
 
さて、グッドイヤーゆえソール交換しながら末長く履くことが可能であることを考えれば、これは本当に破格。実用靴として嬉しいお値打ち品であるとともに、グッドイヤー靴の入門としても理想的ではと思うのです。
 
 
London Shoe Make(ロンドンシューメイク)
No.8008 10,000円(税別)
お問合せ:アンデックス TEL.03-6447-4848 www.an-dex.co.jp/londonshoemake

2017.06.07 UPDATE


ベネチアンクリーム - この靴のお手入れ方法 -
 

この靴に採用されているガラスレザーのお手入れにはベネチアンクリームがお薦めです。コードバン用の印象が強いと思いますが、実は万能クリームなんです。
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS