BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 世界を股にかけた異色の経歴をもつ靴職人

世界を股にかけた異色の経歴をもつ靴職人

SEIJI McCARTHY(セイジ マッカーシー)

世界を股にかけた異色の経歴をもつ靴職人

日本のビスポーク靴職人は英国やフランス、イタリアで修行した人たちが話題となり、海外から日本にキャリアを積みにきた靴職人となると、これまで聞いたことがありませんでした。今回紹介するセイジ・マッカーシー氏は、そんな数少ない日本を目指してきたビスポーク職人です。
 
アメリカ生まれの日米のハーフで、現在41歳のセイジ・マッカーシー氏は、スタンフォード大学を卒業後、インシアードでMBAを取得し、アメリカプロバスケットボールリーグのビジネスコンサルタントや、北京オリンピックのプロジェクトマネージャーを務めるなど異色の経歴を持つ靴職人です。
エリートビジネスマンとしてキャリアを重ねるいっぽう、スニーカーにも興味をもっていたことから、靴のデザインを学ぶためイタリア・ミラノに渡ります。そこであるとき、友人の薦めでベルルッティの靴を履き、その美しさに魅せられドレスシューズに開眼。すぐさま、英国に渡りハンドソーンウェルテッド製法の基礎を学び、その後、ドイツのベルリンで靴づくりを開始します。しかし、自分が作る靴に納得できず悶々としていたある時、インターネットで見つけたヒロ ヤナギマチの靴を見て感銘を受け、柳町弘之氏のもとでトレーニングプログラムに参加します。その縁あって東京に移住し、2016年2月にワールドフットウェアギャラリー神宮前店のマエストロサロン内でオーダーの受付を開始したのです。

 

SEIJI McCARTHY(セイジ マッカーシー)

では、写真のサンプルシューズをご覧ください。トラッドなラウンドトウながら、サイドウォールを立てたクラシックなシルエット。この靴を見るかぎり、セイジ マッカーシーの靴は英国のトラディショナルなパターンを踏襲していますが、細部を見れば日本のビスポークに共通する丁寧な手仕事がうかがえます。マッカーシー氏いわく「野球選手がメジャーリーグを目指すように、今、世界中の靴職人がより技術レベルの高い日本を目指しています。」とのこと。‘90年代末頃から、柳町氏などのパイオニアらが切り開いた日本のビスポークですが、日本人が英国やイタリアを目指したように、世界の若き靴職人が日本を目指す時代になったのですから、感慨深いものです。今後、マッカーシー氏に続き、世界中から有望な若者が日本を目指してくるに違いありません。
 
ところで、同氏は今後の自身のスタイルについて、「アメリカ東海岸出身ということもあり、いずれ、アイビーのようなアメリカ的な要素が加わってくるかもしれない」と話してくれました。日本のビスポーク界は、次々と有望なニューカマーが現れている状況ですが、コスモポリタンな感性に、日本的繊細さを持つ同氏のビスポークは、今後ますます進化し、目が離せない存在になるでしょう。
 
 
SEIJI McCARTHY(セイジ マッカーシー)
www.seijimccarthy.com
 
オーダー方法
①メイド・トゥ・オーダー:ハウスラストを使用。フィッティングなし。20万円~
②メイド・トゥ・メジャー:ハウスラストを修正。フィッティング1~2回。24万円~
③ビスポーク:ラストから製作。フィッティング無制限。32万円~
※すべてハンドソーンウェルテッド製法。オリジナルシューツリー付。
 
お問合せ:ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店 TEL.03-3423-2021
www.wfg-net.com

2017.06.01 UPDATE


サフィール ノワール/クレム 1925 - この靴のお手入れ方法 -
 

BOQオンラインショップでは多くのシューケアブランドを取り扱っていますが、こういった雰囲気の靴は、やはりサフィール ノワールでお手入れしたくなりますね。
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS