BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 爽やかカジュアルな夏仕様の本格英国靴

爽やかカジュアルな夏仕様の本格英国靴

LLOYD FOOTWEAR(ロイド フットウエア)

爽やかカジュアルな夏仕様の本格英国靴

英国靴好きに高い評価を受けるロイド フットウエアですが、今年はブランドにとって大きな節目の年になったようです。まずはロイドの歴史をおさらいしておきますと、1972年、代官山で豊田茂雄氏により英国製アンティーク家具や古着などのショップとして創業。1977年からオリジナルシューズの展開をスタート。一貫して、靴の聖地ノーサンプトンのファクトリーで製作した”メイド・イン・イングランド”の靴を展開してきました。しかし近年、創業者の豊田氏が高齢となり閉店を検討するに至ったそうなのです。その話を伝え聞いた靴の輸入商社GMTの横瀬氏が、「歴史あるブランドが消滅するのは惜しい」ということで、今年から運営を引き継ぐことになったのです。
 
今回紹介するモデルは運営がGMTとなって開発された新モデルです。これまで通り、スタイルはブリティッシュトラッドそのもので、その姿勢は変わらず徹底していますが、そこに旬な感覚をプラスしたのがこのUチップです。白スエードにクレープソール、素仕上げのウエルトという仕様は、夏場の休日履きにうってつけでありますし、素足履きでも違和感がありません。また、トップラインに沿った切り替えしは、ほんのりフレンチカジュアルな雰囲気があります。しかも、純英国製なのに、なんと2万円台というお値打ち価格です。
英国靴の無骨さはほどほどに、リラックス感と上品さを兼ね備えた本品なら、週末カジュアルのみならず、いわゆるビジカジスタイルにも合わせることができますし、足元に程よいリラックス感をもたらしつつ、品よく見せてくれるに違いありません。

 
LLOYD FOOTWEAR(ロイド フットウエア)
品番:BROO/WS 24,000円(税別)
お問合せ:ロイド フットウエア 銀座 TEL.03-3561-8047

2017.05.17 UPDATE


  • - この靴のお手入れ方法 -

  • 白いスエード靴は汚れやすいので、あらかじめ保革効果のある防水スプレーで保護してください。日頃のお手入れには、起毛の間に入り込んだ汚れを吸着し取り除いてくれる生ゴムブラシがお薦めです。また、擦れた汚れが気になるときは消しゴムタイプの固形クリーナーを使ってください。しかし、それでも汚れが目立つのが白スエード。汚れも味だと思う余裕も必要です。

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS