BOQ > REVIEW > CLOSEUP > > IL QUADRIFOGLIO

IL QUADRIFOGLIO

巨匠ウゴリーニの愛弟子、久内淳史氏が

創造するビスポークの新しき世界

 

 

イタリアのビスポークシューメイカーを象徴するひとりに、フィレンツェの天才ロベルト・ウゴリーニ氏がいます。日本でも多くの靴好きからリスペクトされる存在であるわけですが、その要因のひとつに、同氏が優秀な日本人シュークリエイターを育ててきたことがあげられます。スピーゴラ(兵庫県神戸市)の鈴木幸次氏しかり、コルノ ブルゥ(福岡県福岡市)の清角 豊(せいがくゆたか)氏しかりで、イタリアで活躍するイル ミーチョの深谷秀隆氏もウゴリーニ氏の工房に間借りしていた一時期があったそうです。この3人、いずれも大変有能なビスポークメイカーなのですが、実は、今回ご紹介する久内淳史(きゅうないあつし)氏もまた、ウゴリーニ工房の出身なのです。
現在32歳といいますから、靴職人では“若手”になる久内氏は、靴の専門校で基礎を学んだ後、イタリアの高級靴に魅せられ、2007年にイタリアに留学します。そこで、いまだ自ら現役で靴作りに取り組むウゴリーニ氏の姿勢に感銘を受け、師事。その工房でパターンや底付けなどを担うまでになりました。そして2010年に帰国。自身のブランド「イル クアドリフォーリオ」を立ち上げ、神戸で活動を始めたのです。なお、このブランド名はイタリア語で“四つ葉のクローバー”のこと。それぞれの葉には「希望」「誠実」「愛情」「幸運」の意味があるのだそうです。ちなみに奥方である夕夏(ゆうか)さんは、日本では珍しい革小物のビスポーク職人。同じくフィレンツェで修行し、帰国後、夫婦でこのブランドを展開しているのですが、彼女の個性的な革小物もいずれ、本サイトでご紹介できればと思っています。

さて、写真は久内氏の手仕事によるビスポークサンプルの1足で、パターンはホールカットとかワンピースと呼ばれるタイプです。で、細部を見れば、妖艶でドレッシーなフォルム、コバの張り出しを極力抑え込んだトップキウゾのシルエット、土踏まずのアーチをタイトに絞り上げたベヴェルドウエスト、くるぶしを包み込むかのようなヒールカップの豊かなアーチライン、なんとも小粋なピッチトヒールなど、これぞビスポークといえるこだわりのディテールが満載。しかもそれらが共鳴し合い、絶妙に調和し合い、なんとも魅力的な靴になっています。加えて、トップホール(履き口)が大変独特で、幅が狭く、縦寸(つまりタング~ヒールカップまでの寸法)が非常に長いのです。筆者はこんなにトップホールが長いホールカットは初めて見たものですが、聞けば、イタリアのビスポークではこれくらいがスタンダードのようです。
そして、やはり気になるのがアッパーの素材。これ、なんの革かおわかりですか? シャーク? エレファント? アメリカバイソン? と、筆者もいろいろ候補を上げてみましたが、実はこれがシールレザー、すなわちアザラシの革。と聞いて「なるほど!」と納得しました。それにしても、なんとも個性的、かつワイルドな表情ですが、これがこの靴を優美でありながらもラギッドな雰囲気に見せているのでしょう。しかも、この革。厚さがある割に伸縮性に富むため、実は靴向きな素材なのです。なお、久内氏はこうしたエキゾチック系の革も積極的に採用しており、これがまた、イル クアドリフォーリオの個性のひとつになっているようです。
昨今の日本の靴業界は、有望な若手職人が次々と現れて、技術力と個性を競っている状況です。なんとも頼もしいかぎりですが、イタリア的な色気と日本らしい繊細さを併せ持つ久内氏のビスポークには、ライバルたち(?)とはひと味もふた味も違う独自の世界観があって、それが大変魅力的です。ですから、イル クアドリフォーリオが今後ますます目が離せない存在になるであろうことはどうやら間違いないのです。

 

 

IL QUADRIFOGLIO(イル クアドリフォーリオ)

ホールカットプレーントウシューズ

ビスポーク価格:262,500円(税込み)

 

 

お問い合わせ:コンシェルジュ・ド・ワールド フットウェア ギャラリー(赤坂店)TEL.03-5214-0801
http://www.wfg-net.com

 

 

文:山田 純貴 写真:吉岡 広和

2012.05.11 UPDATE

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS