BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 個性的なヴィンテージフレームをお探しであれば レスカ・ルネティエがお薦めです

個性的なヴィンテージフレームをお探しであれば レスカ・ルネティエがお薦めです

レスカ・ルネティエ

個性的なヴィンテージフレームをお探しであれば
レスカ・ルネティエがお薦めです

下半分だけレンズがついたこのメガネ。目線を上げれば裸眼で見えるリーディンググラスなのです。普段メガネをしない方でも、ミドルエイジ以上になると近いところが見えにくくなるもの。そういった方むけに考案されたのがこのメガネという訳です。しかも、1950~60年代のデッドストックだとういから驚きです。
 
このリーディンググラスは、フランスのアイウエアブランド『レスカ・ルネティエ』のヴィンテージ・コレクションのひとつです。同ブランドは1964年にフランス・ジュラ地方でアイウエアデザイナーであるジョエル・レスカ氏により創業。古くからこの地域は、農閑期の内職としてメガネを作る兼業農家が多かったことから眼鏡工場や工房が集積し、この地方特有の伝統的工法が受け継がれてきました。レスカ家も4世代にわたり眼鏡作りに携わってきたのです。
 
レスカ・ルネティエでは、1950~60年代当時の工法やディテール、型、工具などを使用し、伝統的スタイルに新しいデザインを反映した『レスカ・コレクション』と、1950~60年代のデッドストックを当時と同じ方法で仕上げた『ヴィンテージ・コレクション』の2つのコレクションがあります。今回紹介するのは、ヴィンテージ・コレクションのモデルで、インポーターであるグローブスペックスの岡田さんも、「こんな形を見たのは初めて」という珍品です。
 

レスカ・ルネティエ

フレンチトラッドスタイルに立脚しつつも、一般的なリーディンググラスに比べ、より個性的な表情に見せることができるこのモデル。デッドストックであるため品数に限りがあるものも多く、自分だけのオリジナルにこだわる方にはうってつけです。
ところでヨーロッパのヴィンテージは、「日本人の顔にはフィットしにくいのでは?」との疑念もあることでしょう。が、フロントのカーブは緩やかで、幅広&フラットな日本人顔にもしっかりフィットします。また鼻当てを取り付けるサービスもあるので、個性的なリーディンググラスをお探しの方には特にオススメしたいと思うのです。

2017.01.27 UPDATE


  • Lesca LUNETIER(レスカ・ルネティエ)
  • レスカ・ヴィンテージ リーディンググラス 45,000円(税別) お問合せ:グローブスペックス エージェント TEL.03-5459-8326

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS