BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > 時計好きの琴線を揺さぶるトゥールビヨン・ペン

時計好きの琴線を揺さぶるトゥールビヨン・ペン

2017年1月18日
TF Est.1968

時計好きの琴線を揺さぶるトゥールビヨン・ペン

時計ブランドがカフリンクスやペンなどのアクセサリーを展開する例はありますが、アクセサリーブランドが本格的な時計の機構を取り入れたアクセサリーを展開することは、これまであまり無かったと思います。TF Est.1968は、そうしたブランドの代表的存在です。
 
TF Est.1968はフレディ・チュミ氏により、2010年、スイスで時計をモチーフにしたアクセサリーブランドとして誕生しました。時計のムーブメントや、トゥールビヨン、ムーンフェイズなどのファンクションをモチーフにしたユニークなデザインは、同氏が本場スイスで時計製造に関わってきた経歴にあるようです。ちなみに、一般に創業年を表す「Est.1968」は同氏の誕生年です。
 

TF Est.1968

今回ご紹介するのは、「トゥールビヨン・ペン」なるボールペンです。大きく広がった天冠部分のガラス窓の中に、トゥールビヨンキャリッジ風の機械が内蔵されており、良く見れば歯車も動く様になっています。いかにもスイス製らしい精緻さが感じられる仕上がりです。また、手に持つとペン尻の心地良い重さが手に馴染み、実に書きやすいバランスです。
 
さて、美しいペンは数多ありますが、「時計好きの琴線に触れるデザイン」となると、これに適ったものはなかなか見つからないというのが実際ではないでしょうか? 聞けば、このトゥールビヨン・ペンはすでに時計好きたちに大変好評だとか。そうした時計好きはもちろんですが、お洒落で個性的なペンを探していらっしゃる方にも、この「トゥールビヨン・ペン」をお薦めしたいと思うのです。


  • TF Est.1968
  • トゥールビヨン・ペン 170,000円(税別)
  • 生産国:スイス
 
 

onlineshop