BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 時計好きの琴線を揺さぶるトゥールビヨン・ペン

時計好きの琴線を揺さぶるトゥールビヨン・ペン

TF Est.1968

時計好きの琴線を揺さぶるトゥールビヨン・ペン

時計ブランドがカフリンクスやペンなどのアクセサリーを展開する例はありますが、アクセサリーブランドが本格的な時計の機構を取り入れたアクセサリーを展開することは、これまであまり無かったと思います。TF Est.1968は、そうしたブランドの代表的存在です。
 
TF Est.1968はフレディ・チュミ氏により、2010年、スイスで時計をモチーフにしたアクセサリーブランドとして誕生しました。時計のムーブメントや、トゥールビヨン、ムーンフェイズなどのファンクションをモチーフにしたユニークなデザインは、同氏が本場スイスで時計製造に関わってきた経歴にあるようです。ちなみに、一般に創業年を表す「Est.1968」は同氏の誕生年です。
 

TF Est.1968

今回ご紹介するのは、「トゥールビヨン・ペン」なるボールペンです。大きく広がった天冠部分のガラス窓の中に、トゥールビヨンキャリッジ風の機械が内蔵されており、良く見れば歯車も動く様になっています。いかにもスイス製らしい精緻さが感じられる仕上がりです。また、手に持つとペン尻の心地良い重さが手に馴染み、実に書きやすいバランスです。
 
さて、美しいペンは数多ありますが、「時計好きの琴線に触れるデザイン」となると、これに適ったものはなかなか見つからないというのが実際ではないでしょうか? 聞けば、このトゥールビヨン・ペンはすでに時計好きたちに大変好評だとか。そうした時計好きはもちろんですが、お洒落で個性的なペンを探していらっしゃる方にも、この「トゥールビヨン・ペン」をお薦めしたいと思うのです。

2017.01.18 UPDATE


  • TF Est.1968
  • トゥールビヨン・ペン 170,000円(税別)
  • 生産国:スイス
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS