BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > ヴィンテージ加工の進化形? ラタンツィ氏が穴に埋めた貴重なブーツ

ヴィンテージ加工の進化形? ラタンツィ氏が穴に埋めた貴重なブーツ

シルバノ ラタンツィ 穴埋めブーツ

ヴィンテージ加工の進化形?
ラタンツィ氏が穴に埋めた貴重なブーツ

卓越した技術力と美的感性を兼ね備えた、現代イタリアが生んだ「靴の巨人」シルバノ・ラタンツィ氏が、製靴業の盛んなイタリア中部マルケ州で、自身のブランドを立ち上げたのは1971年のことです。以来、靴業界に数々の足跡を残してきた訳ですが、そのひとつが、もっか銀座の新進靴店ブラスクハウスで取り扱われ、靴好きや洒落者たちの間で評判になっている写真のブーツです。目を引くのはアッパーに施されたアンティーク仕上げです。と言っても、コレは人の手で付けられたムラではなく、なんと、長期間土に埋めてついた自然のムラなのです!

聞けば、このアイデアのヒントになったのは、15世紀から伝わる穀物やチーズの保存方法だそうです。その方法とは、工房の庭に掘った穴に麦わらを敷きつめ、その上に靴を置き、さらにその上から月桂樹の葉や、乾燥した花々、芳香を放つハーブを置き、強化ガラスで蓋をします。そして長き熟成を経て靴を掘り出し、掘り出した靴はソールを外し、洗浄を施した後、再びラストに釣り込み乾燥。そこに職人が最終的なメンテナンスと丁寧な磨きを加えることで、この深みある濃淡が得られるのだそうです。

これは大変な手間をかけたヴィンテージ加工の一種だと思うのですが、シルバノ ラタンツィのような高級ブランドがこの手の加工を積極的に取り入れたという点では画期的であると思うのです。今季はブーツが注目されているわけですが、シルバノ ラタンツィの「穴埋め」ブーツは、大人にこそ相応しい貴重な1足なのです。

2016.06.22 UPDATE


  • シルバノ ラタンツィ 150万円(税別)
  • お問合せ:ブラスクハウス TEL.03-5537-7050www.brusquehouse.com

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS