BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > コードバンのお手入れにはコレ!知る人ぞ知るベネチアンクリーム

コードバンのお手入れにはコレ!知る人ぞ知るベネチアンクリーム

ベネチアンクリーム

コードバンのお手入れにはコレ!
知る人ぞ知るベネチアンクリーム

ホーウィン社のコードバンは、手に取れば吸い付くようなタッチが心地よく、使い込めば色艶がさらに深まっていく。こうした体験をオールデンの靴で経験した方も多いことでしょう。そんなコードバンのケアに何が最適なのか、以前から靴好きの間で活発に議論されてきました。そこに一石を投じたのが、「コードバンのケアに個人的に推奨しているのはベネチアンクリーム。」というアメリカの某有名タンナー社長のコメントでした。

 

ベネチアンクリームは、カーフ、ガラスレザー、パテント、一部のエキゾチックレザーなど何にでも使える万能クリームなのですが、特にコードバンに使えば、しっとりとした質感と光沢感が素晴らしく、数年前までは知る人ぞ知るシューケア用品でした。ところが、某有名タンナー社長のコメントが靴好きのあいだで話題に。しかし、流通量が少なかったことからアメリカでも売り切れ店が続出。日本では極めて入手が困難なシューケア用品としてプレミア価格で取り引きされる状態でしたが、シューホリック社が取り扱いを開始し、その存在が日本でも広く知られることになりました。

 

ベネチアンクリームが支持をされるのは、汚れ落としから保革、つや出しまで1本で済んでしまうというお手軽な点でもあります。「シューケアは、汚れ落としのリムーバー → 保革の乳化性クリーム → ツヤ出しのワックスが必要なのでは?」と疑問をもたれる方も多いでしょう。しかし、実はレザーを長持ちさせたければ、こうしたケアを推奨する高級靴ブランドも多く存在するのです。
上記からもお分かりのとおり、ベネチアンクリームは使い勝手に優れ、ダメージを与えることなくコードバン本来の柔軟性を保ち、独特の鋭い光沢を与える、理想のクリームなのです。コードバンは、とりわけケアが不可欠なエイジングレザーです。ぜひこの「ベネチアンクリーム」で、愛用のコードバン靴をあなた色に育ててください。

2016.05.11 UPDATE


  • ベネチアンクリーム 74ml 2,000円(税別)
    ニュートラル(無色)、ブラック、コードバン(バーガンディ) 3色展開

  • BOQオンラインショップで購入できます→ BOQオンラインショップへ

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS