BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > 街履きが似合う色気のあるマウンテンブーツ

街履きが似合う色気のあるマウンテンブーツ

ディライブ “サミット”

街履きが似合う色気のあるマウンテンブーツ

ブラックスエードに、ゴールドの金具をアクセントにした都会的なデザイン。こちらは新進ブーツメーカー、ディライブが手掛けたマウンテンブーツです。ディライブは2015年に原宿の竹下通りにほど近い路地に「DERIVE TOKYO」をオープン。カスタムオーダーをメインにした自分だけのオリジナルブーツを作ることが出来るというユニークなスタイルのブーツメーカーです。クラシックをベースに東京的な洗練を加味し、モードにまでコーディネイトできるふり幅の広いデザインで、独自の世界を創り上げています。

 

今回紹介するマウンテンブーツは、カスタムオーダーのサンプルで、アッパーの革、ソール、ライニング、金具、ステッチなどをサンプルの中から好みの組み合わせで選べるというシステム。ファッションコンシャスな街履きマウンテンブーツで、常時パターンオーダーが出来るのは、おそらくディライブだけ。さらに、街履きとはいえ、本格的に登山で、十分対応できる極めて実用的な靴でもあります。

 

このように、スタイルにおいても靴作りにおいても、注目に値するディライブの、このブーツ。街履きマウンテンブーツというと、若者向けにも思えますが、カテゴリーに捕らわれることが無く履けるデザインは、むしろ大人の足元にこそ相応しいと思うのです。

ディライブ “サミット”

 

ディライブ “サミット”

2016.04.23 UPDATE


  • ディライブ “サミット” 10万5800円(税別)

  • お問合せ:ディライブ TEL.03-6434-7227

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS