BOQ > REVIEW > Hot Picks > Archive > ドレイクスの定番、グレナディン織りで仕立てたこだわりネクタイ

ドレイクスの定番、グレナディン織りで仕立てたこだわりネクタイ

ドレイクス シャンタングレナディン

ドレイクスの定番、グレナディン織りで仕立てた
こだわりネクタイ

1977年にデザイナーのマイケル・ドレイクによって創業し、1980年代から日本でも人気のあるDrake’s(ドレイクス)。ロンドンのハバダッシュリーストリートにオフィス兼自社工房を構えており、ネクタイをはじめマフラーやスカーフ、シャツ等を展開している。もともとこの地域は300年前にネクタイの生地として使われてきた絹織物で栄えた地域で、当時からネクタイを作る職人も数多く住んでいたのだ。そんな歴史的な背景と伝統を受け継ぐ、現在のイギリスでは珍しいタイのファクトリーブランドなのである。
さて、この春の新作のネクタイがこちら。ドレイクスを代表する“グレナディン”織で作ったネクタイだ。グレナディンはおもにコットンや絹、合繊、ウールなどの強撚糸を使った“からみ織り”で織られる織物のことで、こちらの新作は、シャンタンを組み合わせることにより、独特のシャリっとした凹凸感のあるネクタイに仕上がっている。シャンタンとはもともと中国山東省の絹のことだが、現在では節をもつ糸で織ったもの全般を指している。そのため、見た目にも清涼感があり、春先にふさわしいネクタイに仕上がっている、また、裏地のない仕様のため、生地の端の処理は昔ながらの“ハンドロール”で仕上げられている。まさに熟練した職人にしかできない技なのだ。さらに小剣部分が“フレアテイル”と呼ばれる末広がりになっているのもポイント。これにより、大剣と小剣をずらして結んだときや、小剣を長めにしたときにも結びのシルエットを最大限に美しく、お洒落に演出してくれるのだ。こだわり満載のグレナディンのネクタイで、Vゾーンに春の清涼感を呼び込んでもらいたい。

ドレイクス シャンタングレナディン

2016.03.12 UPDATE

 
  • ドレイクス シルクタイ(シャンタングレナディン) 2万2000円(税別)
    ※日本での展開はハンドロール仕上げのみ。
  • お問合せ:渡辺産業プレスルーム TEL.03-5466-3446
  • 文:倉野 路凡
 

WHAT'S NEW

ドイツの老舗筆記具ブランド、ディプロマットが飛行船ツェッペリン号をイメージにデザインした「アエロ」シリーズ。本体のアルミニウムを鮮やかな「レッド」と「バイオレット」に染め上げた新色2色が発売に。 続きを読む

TOPICS  

最新モデル「フォークス」は、日本人の足にも馴染みやすい「ラスト1886」を採用。絶妙な長さのノーズと英国靴伝統の丸みのあるラウンドトゥを持ち、ラバーソールながらもゴツさは皆無。オン・オフ使える着回しの利く一足に仕上げている。 続きを読む

FORCUS  

ラミーの永遠の定番「ラミー サファリ」の2021年限定色は、海や大地を思わせるアースカラーが印象的。変容する社会へのメッセージを込めて、1980年の初代カラーを約40年ぶりに復刻しいます。 続きを読む

TOPICS  

1980年代半ばに誕生したニューバランスのアイコンモデル「574」と90年代のウェービーなデザインを、現代へシフトさせた次世代のスニーカー「57/40(フィフティセブン/フォーティ)」より、ロマンティックな新色が登場。 続きを読む

TOPICSTOPICS  

万年筆の一般的なペン先とは異なり、先端部分しか見えない独特の形状の「パーカー51」は、1941年に誕生し1978年ごろまで約2千万本が製造されたロングラン万年筆。パーカーの10年ぶりの新しいコレクションとして復刻します。 続きを読む

FORCUS  

LACOSTEは人気のアンダーウェアからバレンタインのギフトにぴったりなアイテムを発売。肌触りの良いストレッチコットンジャージで、ウエストバンドに赤いワニロゴが特徴のアンダーウェアが3枚1組でスペシャルパッケージ入り。 続きを読む

TOPICS  

1981年に当時のテクノロジーを結集して開発した「ULTIMATE」の40周年を記念し、最新スタイルにアップデートした新作。オリジナルの特徴を継承しつつ、様々なライフスタイルにフィットするミニマルかつ現代的なデザインに仕上がっています。 続きを読む

TOPICS