BOQ > 連載 > Hot Picks > Archive > WHITE KLOUD

WHITE KLOUD

2015年11月13日
ブラザーブリッジ

アメリカンクラシックをベースにしたドレスチャッカ

今回は「ホワイトクラウド」と、先月の『WE LOVE SHOES』でも紹介した「小笠原シューズ」とのコラボレーションによるチャッカブーツを紹介します。
ホワイトクラウドの主宰者で靴職人の後藤氏は、ギルド・オブ・クラフツの靴学校(現サルワカ・フットウェア・カレッジ)で靴作りを学んだ後、2005年にビスポークで本格的なワークブーツを製作する「ホワイトクラウド」をスタート。同氏は靴学校に入塾する以前は、ハーレーダビッドソンジャパンに勤務していた経歴の持ち主で、バイク、アメカジ、ブーツ好きが高じて、カスタムワークブーツの工房を主催するに至ったのです。
今回のコラボは、後藤氏と小笠原シューズの根岸社長が靴学校時代の同級生であったことから実現。その特徴はといいますと、アメリカンクラシックをベースにしたワークラストに、ドレスの洗練を加えた新鮮なもの。トゥはボリュームがあるものの、無骨さはなく、あくまでスタイリッシュ。九分仕立てならではのつり込まれたウエストと、ベベルドウエストの丁寧な手仕事ぶりはドレスの工房である小笠原シューズならでは。木型は踵から土踏まずの履き心地に重点を置き、高く立ち上がったトゥスプリングは、歩行時にかかとが軽く上がり、歩行性を十分に考慮したブーツです。
では、この靴をどう履きこなすかということになりますが、ここはあえてきれいめカジュアルに合わせるのが大人流。スマートで遊び心のある足元ができあがるでしょう。

ロトゥセ

ベベルドウエストや小ぶりのヒールなど、この手のブーツとしては珍しいディテールだ。

 
  • ホワイトクラウド ドレスチャッカ 110,000円(税抜)
  • お問合せ:ホワイトクラウド TEL.048-985-9816
 
 

onlineshop