BOQ > 連載 > Shop Around > Archive > Dittos.

Dittos.

2015年5月2日
ビスポーク テーラー ディトーズ

「本場以上に本物」が創造できる南青山のテーラー・Dittos.

 

言わずもがな東京のファッションエリアの代表格である青山。しかし青山通りやキラー通りのようなメインストリートから奥に入ると、小さな道が入り組んだごく普通の住宅街がまだ残っているのをご存じない方も多いようです。今回ご紹介する「Bespoke Tailor Dittos. (ビスポーク テーラー ディトーズ)」も、そんな青山のちょっと奥まった場所の2階にあります。

 

修業先での経験を活かしきる妥協のない作品

 

古い英語で「スーツ」のことを示す単語から命名したこのお店で、テーラー(縫製師)・カッター(裁断師)そしてオーナーのすべてを務めるのが水落 卓宏(みずおち たかひろ)氏。銀座の老舗・壹番館洋服店で修業を積んだ後、イタリアのスーツブランド・BRIONIに移籍し、その銀座店ではアジア地区のマスターテーラーを任され、独立前にはsalone Ondataでサルトとして活躍するなど、彼はビスポークとイージーオーダー、高級既製服とスーツ作りのすべてに関わった、紳士服業界にあっては極めて貴重な人材です。

 

独立してディトーズを開店したのが2009年の10月なので、昨秋でちょうど5周年。注文の形式は2種類あり、いずれも基本のスタイルはもはや英国本国でも再現するのが難しくなってしまった、落ち着きある古き良きブリティッシュど真ん中です。まずは型紙の製図線の一本一本、縫製の一針一針すべてをその顧客のオーダーだけのために施す「Bespoke」。基本的にゼロの状態から製作することになるので、仮縫いは原則2回必要です。しかもフルハンドメイドなので納期も約4~6ケ月と相当掛かりますが、それだけの価値は十二分にある究極の一着に仕上がります。

 

巷のイージーオーダーとはレベルが違い過ぎる

 

もう一つは「House Style Order」。大まかなデザインが予め用意され、採寸はゲージ服をベースに行い、指定工場で縫製される一種のイージーオーダーです。しかし、巷のそれとは中身がまったく異なります。体型次第では左右非対称の型紙を設計し、必要かつ重要な個所にはミシンではなく手での縫製を採用、さらには仕上げのアイロンプレスを水落氏自身が念入りに行うなど、すべての工程に渡り彼が責任を持つ言わばBespokeに極めて近い感覚のものなのです。こちらは原則仮縫いなしですがオプションで付けることも可能で、納期は約1~2ケ月です。

 

実は取材の最中に、お客様のご試着、ご納品に偶然立ち会えました。若い頃スポーツで鍛えられていたのが想像できる難しい体型の方だったにもかかわらず、それが分からない位にスーツがその方に一体化していたのに驚かされました。帰られた後「さすがBespokeですね」と水落氏に声を掛けると、少し嬉しそうに「いや、実は先程のお客様のはHouse Style Orderの方でして……」そう言われるまで完全に勘違いするほどの、惚れ惚れとするようなシェイプだったのです。

 

「私はフルオーダー=ビスポークの世界で修業を積んで来たので、巷のイージーオーダーの仕組みではどうしても物足りなさを感じるのです。ゲージ服を目安に行われる簡単な体型補正ですべてを合わせられるほど人間の身体は単純なものではないことを、私は独立するまでの経験で知ってしまっています。だからこそ他店では絶対に不可能な細かな修正や工夫を、うちのHouse Style Orderでは妥協せず行いたいのです」静かに、でも熱くこう話してくれる水落氏の謙虚で真摯な姿勢には、「この人にお任せしよう!」と思わずにはいられない、何か心を打たれるものがあるのです。

 

自ら線が引け、縫えるからこその高い精度

 

「例えば既製のジャケットを着ると背中に出がちな『ツキじわ』ってありますよね。あれもどうして出るのか、理由が色々考えられる訳です。怒り肩だからとか、背幅が足りていないとか、はてまた肩甲骨の出っ張りが左右で異なるとか…… 一つの不都合だけではない複合的な可能性も結構高い。それをどこまで精度良く見抜けるか? そしてそれに対してどの工程でどのような対策を施せば解決できるのか? 私はカッティングとテーラーリングの双方の観点から、それを細かく実行してゆきます。単に『ツキじわ補正 中』では終わらせたくないのです」

 

「ちょうど悪寒と言う一つ表に出ている症状を前に、医師が単なる風邪のみならず他の様々な病気も疑い、検討・検証を重ねた上で適切な治療を施してゆくのと同じです。そのアプローチにはBespoke・House Style Orderの差はありません」そんな言葉にウソ偽りが全くないのは、水落氏が自らのブログで紹介して下さっている数々の作品からも一目瞭然! 胸元のボリュームと腰のくびれとのコントラストが見事でありながら、それが決して威圧的とか尊大な印象には映らないからです。

 

「その人」そのものになれるような服!

 

「スーツは着る人の身体と心理に素直に寄り添うことが肝心で、決して目立たせず着る人を下支えするのが理想。主役ではなくてあくまで脇役、絵画に例えると額縁なのです。でも、だからこそ『その人がその人に見える』精度が作り手には求められるのではないでしょうか」もちろんその精度には、生地のセレクションの鋭さも含まれます。ディトーズで揃える生地は、水落氏の仕立ての理想を叶えるべく9割がたが英国製のしっかりとしたもの。素材も調理も知り尽くしたオーナーシェフのような感覚で、厳しく選抜したものばかりです。

 

「気持ち良く羽織れて、しかもイザと言う時に頼りになる一着。そんな自分の理想とお客様の期待の双方を、1㎜でも高く飛び超えなくては!」水落氏のこの言葉が示す通り、ディトーズのスーツは他人に見せびらかすのが目的の表層的なものでは断じてありません。内省的ではあるものの、着る人の奥底にまで沁み渡ってゆく「深い力」を感じさせてくれるのです。自らに妥協を許さない方にこそ似合う、穏やかながら芯の通った一着ですよ!

ビスポーク テーラー ディトーズ

開店5周年を記念して英国の名門ミル・Taylor & Lodgeにてオリジナルで織らせた100%ゴールデンベール生地。古の英国ビスポークさながらに抜群に仕立て映えし、ドレープもしなやかに出る。現在在庫はミッドナイト・バラシアヘリンボーン(390g)とブラック・ミニヘリンボーン(330g)それにグレイ・バーズアイ(330g)。シングル2ピースで税抜きBespoke\540,000~ House Style Order\215,000~。

 

ビスポーク テーラー ディトーズ

ネクタイの有無にかかわらず品の良い装いにまとめ易い、これからの季節に最適なウール50%・リネン50%の英国製生地。ウェイトはいずれも280g。ウールだから可能なアイロンワークの「効き」とリネンの清涼感が両立する。シングル2ピースで税抜きBespoke\520,000~ House Style Order\185,000~。ジャケット単体では税抜きBespoke\365,000~ House Style Order\132,000~。

 

ビスポーク テーラー ディトーズ

夏に向けてやはり気になるモヘア混の生地。こちらもTaylor & Lodge製で、サマーキッドモヘア60%・カシミア30%・シルク10%。ウールが全く入らないためか、独特のサラシャリ感が味わえる。いずれもシングル2ピースで税抜きBespoke\540,000~ House Style Order\215,000~。

 

ビスポーク テーラー ディトーズ

Taylor & Lodge製のモヘア混生地からもう一種類。こちらはサマーキッドモヘア60%・ウール40%のスーパーツイスト地で、このミルの130周年記念の貴重品。いかにもモヘア!をお探しの方向け。いずれもシングル2ピースで税抜きBespoke\540,000~ House Style Order\215,000~。

 

ビスポーク テーラー ディトーズ

正に「凛々しい」と言うに相応しいピッタリの水落氏。穏やかな口調なのですが、仕立ての話になるともう止まりません。本当にスーツが好きなのだと解ります。ブログの内容も非常に濃く・深いので是非ご一読あれ!

 

ビスポーク テーラー ディトーズ

 

ビスポーク テーラー ディトーズ

 

ビスポーク テーラー ディトーズ
 
  • Bespoke Tailor Dittos. (ビスポーク テーラー ディトーズ)
  • 〒107-0062 東京都港区南青山4-14-2 グランポート南青山 2F
  • TEL/FAX.03-6438-9313
  • www.dittos.jp
  • dittos.seesaa.net
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日:火曜日、第2・第4日曜日(アポイント優先)
  • 価格(いずれも税抜き。シングル2ピース)
  • Bespoke:\400,000~
  • House Style Order:\100,000~
  • 文:飯野 高広
 
 

onlineshop